もうね…泣くよね
 
今こんなの見たら…見せられたら…
 
 
アナザーストーリーズよかったですね
 
 
 
 
ってか、バトン氏の毒舌がすごすぎて
ヒヤヒヤしたわぁ~:(´◦ω◦`):ガクブル
 
 
そのバトン氏
“結果はおまけ、大事なのはその場が劇場になっているかどうか”が評価基準なんだね
 
そしてソチ試合直後のゆづの「悔しい演技だった」という言葉に、自分との共通点を見つけたと
 
 
 
 
ゆづへの賛辞が次から次へと止まらなかったので抜き出してみました
 
 
ジャンプに入る時と出る時の
スピードが変わらない
 
そんな人はまずいない
 
 
ジャンプを“跳びましたよ”なんてアピールをしない
 
難しいジャンプ後も切れ目なくシンプルに演技を続けている
 
 
羽生結弦は別格
破格の存在
 
ユヅルはどこかで見たことのある演技はしない
いま見逃すと二度と見られないような演技をする
 
価値がある
 
 
点数を超越する演技がユヅルにはできる
本物のスケーター
 
 
平昌での演技は
(ソチと比べると)遥かに人を惹きつける演技になっていた
 
よりシンプルなのにより伝わる
 
点数なんて関係ない
この大舞台で見せうる最高の「劇場」を見せてくれた
 
 
金を超えて
ダイヤモンド級の演技
 
 
 
す、
すごーーーーーー(°Д°)!!
 
あの毒舌が過ぎ過ぎるバトン氏に
ここまで言わせてしまうなんて
 
 
でも本当に、わかってくださる方がいるというのは嬉しいことです
 
 
これは五輪連覇という偉業を成し遂げた人間だからこそ語ることができるのかもしれません
 
 
そしてやっぱり、五輪連覇という強烈な光とともにその反面の経験もしてきたからこそ、バトン氏とゆづは見えないもので通じているような気もします
 
 
 
 
 
そしてプル様
 
プルシェンコ杯
将来ゆづを越えるような子を育てていくと
 
これもある種コンティニュー
小さいゆづが“プルシェンコを抜かしたい”と言っていたことを思い出しました
 
 
シニアに上がりめきめきと頭角を現し出したゆづに、プル様は…
 
ソチに向けて“流儀”としてゆづへ向けられた闘争心
 
語られる言葉が…ヾ(゜д゜;)
 
(そっかーヾ(゜д゜;)ここまでプル様は思ってたんだなヾ(゜д゜;)結構激しめで驚いたw)
 
 
でもこれが正真正銘ファイターなんだろうなと
 
 
番組構成としてはこの部分で
ゆづのこの言葉を引っ張ってきてくれて嬉しかったです
 
 
 
もう完全に呼応しているよね
 
言葉として発さなくても
内に秘めたものとしては似たような熱だった
 
 
 
そしてプル様…
 
 
これ知らなかった…
こんな風に思っていただなんて
 
 
 
メダリストたちは次々に引退
皆いなくなる
 
だからこそ歩みを止めずに連覇に挑んだゆづを…心からリスペクトしてくれているんだな
 
 
これは広義では
オリンピック、フィギュアスケート界のレベルアップ、質向上にも繋がる
 
 
それからこの言葉は…ハッとしたな
 
ユヅルはわかっている
最高の演技は試合でしかできないことを
 
 
言ってたもんね、ゆづ
 
 
だからこそ挑戦し続ける
 
 
平昌五輪について
 
 
まさに…その通り
経験と自信が生きたものだった
 
 
力強く説得力のある響き
 
 
なんかね、バトン氏は連覇をしたからこその言葉で、プル様は連覇を目指し叶わなかったからこその言葉だなぁと思いました
 
両者ともその立場でなければ決して出てこない重い語りだと思いました
 
聞けるだけでありがたいよね
 
 
 
 
そして、最後はハビ
見てる~(ノД`)・゜・。
 
 
こうして著書からのゆづ本人談を載せてくれて嬉しかったです
 
 
 
 
これはハビも同じ
 
ただ、二人はそれだけに終わらず
 
 
 
この向上心
 
相手に刺激を受けつつも
それを超えてやろうと高みを目指す心
 
これが必要で、大事で
だからこそ二人は高め合えた
 
 
 
そして、ハビが『ユヅルは強い』と心底思わされたソチ
 
 
 
そこで金メダルを獲得したゆづを見て
『彼はこの先勝ち続ける』と確信し
自分も負けてはいられない』と思ったと
 
 
ハビにとってもプル様にとってもソチ五輪というのは、“羽生結弦のこれからの可能性”を確信するという意味において大きなものがあったのだなぁと思いました
 
ある種、転機だったかもしれないね
 
 
 
2015年ワールド
ゆづがハビへ言った言葉
 
 
泣く。
もう泣くって。
 
 
なんてこと言うの…ゆづ…(T-T)
 
こんな“心は共に”な言葉…(T-T)
 
 
これって共に練習してきた日々あってのものだよね
 
互いに苦しい練習の積み重ねを知っているからこその言葉だと
 
 
ハビがこんなにも欲していたことを
ゆづは近くで見て感じていたはず
 
泣いていたけれどね…
 
悔しくて
悲しくて
 
いろんな思いがあっただろうけれど
 
このハグは…互いの想いが交錯しながらも絆が深まる瞬間のようで…今見ても泣くわ
だってハビちゃんもう現役じゃないんだもん゚(゚´Д`゚)゚
いないんだもん゚(゚´Д`゚)゚
 
 
 
それからね、ゆづが平昌前にNHK杯で怪我した時にハビが真っ先に心配したこと
 
謂れのない批判や中傷
 
それを第一に心配し、その声がゆづ不在の間に高まることを恐れたと
 
 
ハビ…なんて人かと
それを一番に考えるなんて…
 
『頂点に立つユヅルに何とか隙を見つけようと妬みや嘘があちこちに溢れました』
 
 
わかっていたんだね…
 
 
 
SNSの闇、書き手の倫理モラル、品格
本当に問われるべきだと思います
 
 
 
 
 
ハビは真の理解者であると確信しました
 
『頂点に立つ選手の秘密を知りたい、噂を立てたい、そんな気持ちはわからないでもない。でも、だったら真正面から取材してくれればいいんです。ユヅル本人もコーチもちゃんと依頼には応じていますから。』
 
こうして言葉にハッキリとしてくれる
 
その根底にある想い…
 
私たちは知ることのないゆづの姿を
ずっと見てきたからこそのものであろうと思います
 
こういう人が近くにいてくれただけでも救いです
 
 
 
 
ゆづがリハビリ中
面と向かって会わないようにしていた
 
怪我については話さない
 
このハビの人間性、気遣いに心を打たれました
 

でもちゃんと見ていたんだよね

 

 

 

その気配と様子はちゃんと理解していた

 


そしてここ
 
 
僕の背中を見ろ
 
僕はレベルを保って、君との戦いを待っているよ
 
 

これがね、もう最高のカタチの関係性だなぁと思って…言葉なかったです


ここまでだったんだって

この二人はって
 
 

ユヅルはすべてのマイナスを一気にプラスに変えられる
 
それだけの力を持った人間ですからね
 
 
 
僕には彼の背中しか見えていませんでしたからね
 
そう言ってこの笑顔
 
(ノД`)・゜・。
(ノД`)・゜・。
(ノД`)・゜・。
もうハビ愛してる(ノД`)・゜・。←
思いきりハグしたい気持ち(ノД`)・゜・。

 
平昌SPでの復活もハビはわかっていた
 
彼ならやるだろうと
 
これまでの日々の中で
最もゆづをわかっている人だから
 
 
『僕はその背中を誰よりも近くから追いかける。いいぞ、最高の戦いじゃないか』
 

こんなこと言える人…
 
 
本当にハビでよかった


最高の二人だから最高の戦いができたんだと
 
 
 
平昌フリー初めて見たんだ…
演技を見ながら、『落ち込んだ分、戻ってくると言ったでしょう?』と言うハビが…まったく嫌味がなくて…心からの言葉で…本当に彼はそんな風にゆづのことを信じ切っていたんだなぁと実感しました

あの状況で、自らも勝利を求めていた時期にライバルをそんな風に捉えられるなんて…アスリートの鑑であると思います
 
 
 
思うけれど…
ゆづの後にハビが滑ったのも運命
そこで緊張しないなんて
ゆづをわかっていて、ハビがハビ自身もわかっていた証
 
ハビにとってもこの数年間が生きた瞬間だったと思います
 
 
 
そしてこれね…
 
 
この時なんて言ったのかって…
 
ゆづのこの反応の前に
 
取材は先月
 
こんな顔して見てるよ(ノД`)・゜・。
 

明らかにされる当時のこと…

まず二人にメダルと演技について
おめでとうと伝え(ハビらしい)
 
 
ゆづに
 
君と競えたことは僕の誇りだ
 
実はこれが君と戦う最後の試合なんだ
 
誰にも言ってなかったことを
ゆづに一番に伝えた
 
今しかないと思って
 
 
 
 
一番告げたい相手と
一番いい場所にいられて本当によかったよ
 
もうね、この時のハビの顔が…

なんて顔するのって

なんて顔で笑うのって…涙が止まりませんでした
 
こんな人…他に知らない

こんな人とめぐり逢えただなんて…
 


試合の前に伝えなかったのもハビだから
 
最高の戦いを“終えて”言ったのも
二人の最高のカタチなんだなって自然流動的な導きのようなものを感じました


心がすべてを引き寄せる
 
 
 
 
 
 
ゆづのこれからについて
 
ケガが治れば、あとはもう好きなだけ前へ前へと目指して行けばいい
 
そしてもし引退をする時が来たら、その時初めて後ろを振り返ってみてほしい
 
君が登ってきたのは、今後永遠に語り継がれる道程だ
 
その道程の途中に僕の名前があるのも…お忘れなくね
 
 
もう泣いていいですか?。゚゚(´□`。)°゚。

涙が止まらないんですけど。゚゚(´□`。)°゚。

嗚咽するんですけど。゚゚(´□`。)°゚。
 
 
 
 
お互いにね、『背中を見せ合ってきた』というところが大きな意味があるように思っていて…

これが、横並びで向き合っていたり、先に行った者が振り返り言葉を投げかけていたのなら…また違ったものになっただろうと
 
言葉で語らなくても背中で示し続ける、その姿で語るということが二人の最高のスタイル…姿だったのだなぁと思いました

だからこんなにも結晶と化した
 
奇跡のような関係性
共に歩んだ6年間だったと思います

でもこれは、二人の澄んだ心と清らかな精神が導いた“必然(結果)”でもあったと確信しています
 
 
 
アナザーストーリーズ
たくさんの貴重な言葉をありがとうございました!


 
ポチッと…押してくださいますか?
 
↓↓↓
 


フィギュアスケートランキング

 

いつもありがとうございます✲*゚