そう、昨日ね
めっちゃ全身鳥肌立ちながらw
(前記事参照w)
 
イオン系スーパーにクリファ偵察に行ったんだけど
 
 
残念ながらファイルには出会えなかったけれど
勝ち飯メニューブックに出会えた~
 
私が今持ってるのは
この赤UAのやつなんですが
(すっごい好きなの、この写真♡能登さんさすが!)
 
これ最新?かな?
 
初めて見たなー
一昨日行った時はなかったもの
 
 
いいこと書いてあるーって
 
ほぼほぼ『ゆづ』関係に出会える地域ではないので、こういうの見るだけで嬉しかったよー
 
住んでる街に『羽生結弦』が溢れているって、やっぱ羨ましいなー
 
地方はまずないものねー( ノД`)
 
 
 
そうこうしてたら弟からLINEが
 
ねーちゃん?
これ知っとるー?
 
ちょw
どこでそんな画像をwww
 
 
もー、知っとるよー
ねーちゃんを舐めんなよーw
 
つって
この画像送ってやりましたw
 
ドヤ!w
もうゲットしとるからな♪って
 
 
 
 
えぇ、早いんです。
 
これ通常運転ですからね?
 
ものっすごぃキレッキレの
目にも止まらぬ速さで
美しく華麗に…
 
…ファイルGETんやで。
 
 
 
ってことで、
第2弾も華麗にゲットん目指すー(*´∇`)ノ
 
 
 

さぁ、先日引退を表明された吉田沙保里選手
(私個人は、吉田選手は東京五輪は目指さないだろうと思っていましたが)

このメダルの数…
あらためてすごいなぁと
 
もちろん全部ってなるとこんなもんじゃないと思いますが
 
 
33年間の選手生活っていう長さと重みも
すごく実感したりして
 
同時に
吉田選手っていうと
平昌前のゆづがケガをしている時にコメントをくれていたなぁと思い出したりして
 
メッセージも
 
私、この時のプル様や修造さんの言葉もすごく印象に残っているのですが
 
実は吉田選手の言葉もめちゃくちゃ嬉しかったんですよねぇ
 
というか、ものすごく心強いというか…
説得力あるなぁと思って勇気づけられたんです
 
 
 
なんか…言葉が生きているなぁと
 
経験からのストレートな言葉
 
そしてここ
最もグッときたところ
 
『けがをしていてでも勝つ人は絶対勝つ』
 
 
そうだぁって
当時ちょっとハッとしたというか
 
意識を転換させられるような言葉でした
 
 
この時って、私たちファンも不安と心配といろんな思いが複雑に交錯している時期で…
 
どうかケガが治りますように
完治して間に合いますように
 
ケガ…
ケガ…
足…
足…どうか…って
 
当たり前ですけど
意識が“ケガ完治”に向いていた
 
そんな時に、この吉田選手の言葉は
“あ…ケガがあったとしても勝つ人は勝つ”
“だとしたら、ゆづも大丈夫…!”って…意識を「ケガ含みのもの」に根底から覆してもらったような気がして
 
この時期だからこそ、すごく楽になったというか…大きな安心感を抱かせてもらえ、勇気をいただきました


これは吉田選手の経験から語られる絶対的なものだなってすごく力をもらったんです
 
 
彼女の実績がそれを物語っていましたし
 
もちろん彼女自身もケガをしながら歩んでこられた道


得意の高速タックルを武器に…

オリンピック、世界選手権あわせて16連覇
 

個人戦では…
 
もうこれは…
今後破られないのではと思ってしまいます


本当に「強い」っていうイメージが揺るぎなくあります

 

平成24年には国民栄誉賞を受賞
 
名実ともに記録に残る成績を打ち立ててきた
 

私知らなかったんだけど…
吉田選手もぜんそくだったんだね
 
そんな中で
ライバルたちに研究し尽くされて…

それでも勝ち続けてきたということは
本当に素晴らしいです

 
リオでの決勝は胸が痛かったですが…
 
この言葉に
彼女の背負ってきたものの重みを感じました
 
『銀メダルでごめんなさい』
 
泣きながら謝る姿に胸が引き裂かれる思いがして…私も泣いてしまったんだなぁ

そんなことないよって
どうか謝らないでって
見せていただけて感謝しかないですって当時の記事にも書いた
 


そんな吉田選手
平昌の時もゆづへコメントを寄せてくれていた

 
「速報で見ていました。ヤフーで。(ショートプログラム)は(中継を)見ていました」

「66年ぶりの2連覇。鳥肌ものですね」
 
「プレッシャーのかかる中で、けがをして、どん底からはい上がって。本当に心の強い人だと改めて実感することができた。ワンツーフィニッシュできた。私たち日本人に元気、勇気、感動を与えてくれた。本当にすばらしい。(2020年)東京五輪に向けて勢いになる」
 
「1回目は初の五輪(優勝)でうれしい。連覇は違った喜び」
 
「自分も気持ちは分かる。(羽生から)緊張を感じたし重なる部分がある。冬と夏は違うし、私たちは対人競技で白黒ハッキリするけど、フィギュアスケートの点数制は違う。色々な戦いがある」
 
「(北京五輪)若いからいけると思う。そこを期待しちゃう。続けるかは自分が決めること。羽生君ならやってくれる」
 
 
アスリートとして
ゆづのことを認めてくださっているなぁと

やっぱりこういうコメントって、
聞くと同時にその方の実績や功績、競技者として築き上げてきたものが背景にあるというか…

聞く側もそういうものを伴っての言葉になるので、なおさら重みを感じます



『続けるかは自分が決めること』

これも一本筋が通っている気持ちのいい言葉だなぁと思いました


 
ゆづもいつか
こんなふうにコメントをする日が来るのかな…

そんなことも想像してしまいます(*^^*)



そして、平昌前のあの時期に
『けがをしていてでも勝つ人は絶対勝つ』

そう言ってくれた吉田選手の言葉を思い出し
その通りになったなぁと噛みしめるのでした


いろんな思いが風となり彼を後押ししていたなと感じます




一日一クリケット♪
 
元気だといいね!
毎日言ってる気がするw
 

だって毎日思っているからね~(*^^*)



ポチッと…押してくださいますか?

↓↓↓


フィギュアスケートランキング


いつもありがとうございます✲*゚