長野ローカルインタ(日曜日?)

そうですね

今日初めてフリップ…

 

練習でも

ダブルも跳んでなかったんですけど

 

やっぱりこの曲で

ループをやるっていうことになると

ちょっとやっぱり曲とイメージが違ってて

表現の面でも

ちょっと違うなってずっと思ってたので

 

まぁほんとに

ちょっと無理したかもしれないですけれども

急遽フリップをやらせていただきました

 

まぁ

きれいなフリップではなかったんですけど

 

でも、ちょっとでも

まぁ表現の一部としての大好きなフリップを

まぁ皆さんの前でこうやってやれてよかったなって思ってます

あとはトーループに関しても

やっと皆さんの前で

そこそこ納得できるジャンプが…

 

そして曲の中でできたことは

やはりひとつ大きな前進かなと思っています

 

まぁ毎週ショーがあると

どうしてもその…

自分の調子の浮き沈みが露呈してしまって

 

あの、皆さん見ている方も

“あぁ、調子悪いのかな”とか

“足大丈夫なのかな”とか

“無理してないかな”とか

たぶん心配になることも…

喜びと同時にあると思うんですね

 

だから…

それはいちパフォーマーとして

いちスケーターとして

ちょっと申し訳ないなっていう風に思うのと同時に

少しでもいい演技を

毎日全力でやっていけたらいいなという風にも思っています

 

 

 

BSインタ(土曜日?)

 

お疲れさまでした。

まさか本当にここで、長野の関連でこの曲を滑るとは…というところだったんですけど

 

はい

あの…まぁ

当時のこの曲を

覚えていらっしゃる方もいらっしゃいますし

 

また、あの

自分自身がこのプログラムをやった時に

まぁ合唱の…合唱コンクールとか、

学校で歌ったとか、

そういう思い出のある方々もいたので

 

そういった意味では

あの…ちょっと懐かしい思い出に

浸れた方もいらっしゃったんではないかと思います

 

ガクッ…

(これジャンプ決まらなくて項垂れてる?w)

 

(なんか様子が違くね?w)

 

長野五輪の時のメダリストの皆さんと一緒に滑られて、今どんな気持ちですか?

 

そうですね

やはり僕自身そんなに記憶があるわけではないんですけれども

 

やはり何回も見た、思い出の五輪ですし

あの…

やっぱり

自分が一番憧れていた頃のスケーターが…

憧れていた世代のスケーターの方々が

たくさんいるショーでもあったので

非常に感慨深いものがありました

 

 

 

ここで世界最高を出したリンク

それ以来ですよね?

 

ちょ…

 

なにこの反応w

 

 

なにこの

がばいいクチぃぃぃぃ!!

 

そっか…

 

そうなんですね…?

 

ウフフフフフ…w

 

息切れ。

 

助けてください。真面目インタが入ってこない。

 

ゼェゼェ…

 



っつーか、

気づいてなかったの?!


ゆづ‎‎( ꒪⌓꒪)?!

 



 

ハイ

いくよっ

 

そうですね…

まぁやはり

あの五輪マークっていうのは

やっぱいつ見てもいいものがあるなって思いますし

 

この氷を一つひとつ感触を感じながら

まぁ自分自身も思い出がいっぱいあるので

そういう意味でも

自分も浸りながら滑れたらなとは思っています

 

 

 

特にこんな思いを込めて滑りたいとかありますか?

 

やっぱりこの曲自体に

先程も言ったように

思い出がある方もいらっしゃる


えー、その方々がいろんなことを思い出して

いろんな気持ちに浸れる

 

そんな瞬間になるような

ほんとに流れるようなプログラムにしたいなと思っています

 

もちろん試合じゃないんですけれども

ただやっぱりこの曲を滑る時は

やはり自分もあの当時…

 

ヘルシンキだったり

ファイナルであったり

 

そういった当時の自分の

戦っていた時の記憶がやっぱり蘇りますし

 

やっぱりそういったイメージで

このプログラムには臨まないといけないなという風にも思っているので

 

もちろん編曲も違いますし

編集も違いますし

曲自体、振付け自体もまた変わっているところもありますが

 

またヘルシンキとは違った

僕のこのプログラムにしたいなと強く思っています


 

 

 


昨日のBS放送

 

私まだ時間なくて

すべて見ていないのですが

 

ちょうど帰宅した時が

ゆづのホプレガ前で

 

 

 

その流れからのフィナーレ

(私これ初めて見たの)

 

もうここで

ウルウルなって

誰もが

こんな時代があり

 

夢を抱いて

氷上(地上)を駆け巡る

 

そこにやってくる

次世代の子たち

それはまるで

未来から迎えに来たようにも見え

 

 

幼かった子たちは

やがて少年少女期に

 

 

交錯する世代

交わる人たち

 

流れの中で

大きく成長し

 

夢を抱き

夢を叶えるべく

世界に羽ばたく瞬間…

 

 

そこから

このふたりが出てくるでしょ…

 

もう

ダッパ~ン!なんですけど。

 

号(┳◇┳)泣

号(┳◇┳)泣

号(┳◇┳)泣

 

 

 

涙腺崩壊

 

ダメだ…

書いてるだけで涙止まらない

 

 

 

あのプル様と

ふたりで滑るなんて…

 


ふたりの描く軌跡と

跡に残る螺旋がきれいで

もうこれは芸術というか…

過去と未来と現在の交錯を

目の前で見ている自分の目を疑いすらする

 



思い出すのは
幼かった頃の彼


髪型を真似


憧れのヒーロー

プルシェンコのようにと口にした

 

この小さかった少年が


いま、

力強く隣で舞っている

 

その姿は

もうどちらがとちらとも

わからないほどのエネルギーで

 


その動きは

まるでオマージュのようにも見え

彼の“プルシェンコ”への思いが

伝わってくるようだった


 


同時に

ここに来るまでの道のりが

走馬灯のように浮かんできたりして

 

決して平坦ではなかった道

 

 

むしろ過酷で

残酷なまでに厳しかった


 

記録更新や

ケガや病気に悩まされながら


苦しみ

歯を食いしばりながらの日々だった

 

 


私たちが知る涙なんて

ほんの氷山の一角で

 

彼が背負っているものの大きさに

時に言葉を失いながら

 

宿命に

胸を突かれるような感覚になりながら

 

 

彼のここまでの日々を

見守ってきたいちファンとして

 

辛かったね

大変だったね


悲しかったね

痛かったね



本当に

険しい道だったねって


 

思いながら

 


ここまで来たねって…

ここまで来たんだねって…思った





命を懸けるような思いで
覚悟と使命感をもって臨んだ平昌

その時にも



心ないマスコミがなにを言おうとも
時に誰が信じていなかったと言おうとも

彼の大事な人が
信じて待っていてくれたこと”
これが
彼にとっては最も大きなこと

意味あること



この言葉には
本当に力が宿っていた



『事実』




ここから3ヵ月後

ふたたび頂点に上り詰めた


 

その先の


このプル様との

ふたりの時間を見ていると

 

もう

夢が叶ったとか

ただのプログラムとか


そんなひと言で語れるようなものではなく



もっと壮大で

大きな大きな大河のような流れを感じます

 

プル様の血が彼に流れ


彼の息吹がプル様にかかる

 


いま、

ひとつになるふたり…


そんなふうに感じました





尽きせぬ思い


ふたりのコンティニューは
永遠かもしれない




本当に

よくここまで来たね


ゆづ




こんなに力強くて

美しい時間…あるだろうか

すべてを凌駕するかのよう

 



そして現れる

レジェンドスケーターたち

大げさでもなんでもなく

大河の源…山々から降りてきた神々のように見えました

 

 

 


20年前

 

ゆづのお母様が

ゆづのお姉様にスケートを始めさせる

きっかけとなった長野五輪

 

そこでの時間は

どうだったんだろう

 

なにか

掴んだかね

それはきっと

これからまだまだ…続いてゆく





個人的にはもう

調子の浮き沈みがどうとか

ファンに申し訳なく思うとか


そんな次元の話ではなく


すべてを凌駕するほどの境地にあるものを

見せてもらったような実感があります

 




このプル様の嬉しそうな顔

 

 


なにか…

目の前にあるものが

すべてを物語っているようで…

 

この事実こそ真実なんだなって

ただシンプルに思いました

 

 



H&F長野

素晴らしかったです


涙だっぱーん!!でした涙

 

 

 

 

 

 


ポチッと…押してくださいますか?


↓↓↓



フィギュアスケートランキング


いつもありがとうございます✲*゚