バタバタだった師走も

あっという間に大晦日

 

 

 

今日は

久しぶりに米欄開きますね

 

できる範囲になりますが

少しでもお返事ができるといいなと思っています

(でも大晦日、できなかったらゴメンー!!)

 

 

 

 

 

 

この1年のゆづのことに関しては

前記事に書きましたので

 

今日は“この場”について

少し振り返りたいと思います

 

 

 

お付き合いいただける方

どうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

早いもので

ブログを書き始めて3年目

 

気づけば

(ほんとにこないだ気づいたばっかだけどww)

記事は1000を超えていました

 

 

 

 

毎日毎日…

毎日毎日毎日毎日

 

よくもまぁ

こんなにひとりの人のことを想い

心にあるものを言葉にしてきたなぁと

ドン引きしながら思っています

 

 

 

 

 

ブログというのは

私にとって

 

楽しくて幸せで

ウキウキしてワクワクして

 

自分の思いの丈を

存分に綴ることができる

 

そんな昇華の場…

 

 

で、

あると共に

 

 

実はとても苦しい場でもあります

 

 

 

 

 

 

私がここに向き合う時に

最も大事にしていること

 

 

自分はどう思うのか”

自分はどう感じるのか” です

 

 

 

 

極端な話

人がどう思うかは私には関係ありません

 

 

 

 

それに触れることはあっても

それに染まりたくはない

 

こんな思いが強くあります

 

 

 

 

これはきっと

自分が発信者だからかな

 

ひとつの信念…であるかもしれません

 

 

 

 

 

人の意見が

まるで自分の意見にならないように

 

人の思いが

そのまま自分の思いにならないように

 

 

 

その感じ方

その言葉が

 

“自分のもの”もわからないのに

自分のものになってしまうこと

 

 

これが私は嫌なのです

 

 

 

 

“自分”がないのに

人に左右されたものは書きたくない

 

発信者としてすごく強い思いです

 

 

 

 

 

自分は何に心が動いたのか

自分はなぜ涙しているのか

 

どんな風に感動し

 

その心の動きの背景と根底には

一体なにがあるのか

 

深く探っていきます

 

 

 

 

それを

自分でも知りたいから

 

 

 

 

 

と、

言うのも

 

 

 

私は彼を通して自分を見ていますし

自分を通して彼を見ています

 

 

これまでの記事を書いてきた

この作業の中で

 

確実に自分が成長してきた実感があります

 

 

 

 

 

不思議なものでこの作業を

 

毎日毎日…

毎日毎日毎日毎日 続けていると

 

自分の“心”が掴みやすくなります

 

 

 

ある事象が起きたとして

 

それに対する自分の心の動きと

そこに込められた“意味”が

 

手に取るようにわかるようになるんです

 

 

 

 

これは、

この1000の記事を書く過程で

私が得た最も大きな財産だと思っています

 

 

 

 

これから先

この場を離れても

 

私の人生にとっては

間違いなくレガシーですね

 

 

 

 

 

 

まぁでも

この“過程”が苦しくもあり…

 

(それは時に、自分の人生の“痛み”と向き合ったり、分厚く覆い隠しておいた“傷”を確認することでもあります)

 

 

 

 

そこに見えたものを言葉にかえて

 

他人様に見せられる状態に仕上げ

 

不特定多数の人に向けて発信する

 

 

 

 

かっこよく言えば

生みの苦しみって言うのかな…

 

日々感じています

 

 

 

 

当然、

不安と恐怖も抱きながらね

 

更新ボタンを押しています

 

 

 

 

 

そこに

目に見える形で

ダイレクトに反応があるわけですから

 

心がしおれることもありますし

バラバラに砕け散ることもあります

 

 

 

 

 

 

アップダウンの中で

時々思うんです

 

 

私はなぜ

こんなに苦しいことを続けているのかって

 

なぜこうまでして書き続けるのかって

 

 

 

 

これは自己満足に過ぎませんが

 

キャプ1枚にしても

その瞬間を収めるために

ものすごく苦労することがあります

 

 

 

何十枚

何百枚

何千枚

何万枚という中から

 

その記事に相応しいものを厳選し

 

それを、

より魅力が伝わるように

1枚1枚加工していく

 

 

 

そして

記事に貼る順番を決めたり

 

ん?

変だな

 

こうか?

なんて入れ替えたり

 

試行錯誤しながら

一つひとつ組み立ててゆきます

 

 

 

 

そこに言葉を添えてゆく

 

 

もちろん

逆もありますけどね

 

 

 

 

 

GIFにしても

スローにするのか速くするのか

作る過程で悩みます

 

 

 

 

 

私の記事は

素材を揃えて初めて記事に取り掛かれるので

 

1時間や2時間では

当然仕上がるものではないです

 

 

 

 

それがすごいとか素晴らしいとか

まったくそんな論点ではなくね

 

 

 

ブロガーさんには

それぞれの特色があるでしょうし

 

それに優れるも劣るもないと

私は思っています

 

 

 

だって所詮

私がしていることも

自己満足に過ぎませんからw


無償なんだしw

 

 

 

 


まぁでも

“自分を持って”記事を作る過程は

 

本当に苦しみを伴います

 

いろんな意味でね

 

 

 

 

 

こんな状態で

日々記事を書いているわけですが

 

これはある日

友人のMめちゃんから貰ったコメント

 

思わず泣きそうになってしまった

 

 

コピペします

 

 

 

私は感謝でいっぱいだよ。
ちぇりんがブログ書いてなければ
こんなに楽しく、かつ真面目に応援してなかったと思う。


文章は人を表すね。

ちぇりんに会った時の印象は
「内言語の多そうな子だなぁ。」
↑子って失礼m(_ _)mだって可愛いからぁ~

感性豊かで敏感で
口に出す言葉以上に、心に言葉ありそう。

その溜まった言葉を文章にするのが、
きっとブロガーとして向いてるんだろうなって
思ってるよ。♡

 

 

 

 

私にはもったいない言葉

 

 

そして

心の奥底にしまっておいたものを

そっと手を引き、連れ出され

やさしく抱きしめられたような

 

そんな感覚になった

 

 

 

 

 

私は性格上

記事にエネルギーを出し切ってしまうところがあるので←手抜きができない性格w

 

 

記事の種類によっては

抜け殻のようになることもあります

 

 

それを

皆さんからの反応で

エネルギーチャージをしている

 

そんなところもあるんです

 

 

 

 

だから、

ここまで続けてこられた…とも思っています

 

 

 

 

 

 

そして何より、

 

『羽生結弦』という人がそうさせる

 

この一言に尽きます

 

 

 

 

 

好きな気持ちと想う気持ちは

可能性無限大ですね

 

 

書くということを

辞めさせてはくれません

 

 

 

が、

 

今年はブログを

2ヶ月ちょっと離れて

 

私は“ここ”を離れた時の自分が

どうなるのかがわかりました

 

なので、

実はもう決心はついています

 

 

 

個人的にはいつでもいいと思っています

 

 

 

 

でも今は…

 

平昌までは駆け抜ける。

 

 

 

 

この思いしかないです

 


当たり前ですけどね

 

 

 

 

 

その後のことは

またその時に考えます

 

 

 

 

 

 

 

 

私のブログは

私の“感覚”を言葉にしていくところが多いので

 

きっと意味不明に感じる方も

いらっしゃると思います

 

 

 

でもそこに

 

共感し合えたり

共鳴が生まれたり

 

新しい発見があったり

見つめがあったり

 

 

 

気づきがあったり

 

 

 

 

そんなことが生まれたならば

 

曲がりなりにもブロガーの端くれとして

嬉しいなぁと思います

 

 

 

 

 

 

いつか米欄で書いたなぁ

 

“このブログは

ちぇりんの成長日記でもあるんだよw”と

 

 

 

ブログを始めた時には4歳だったboyも

今は7歳になりました

 

日常もあれこれ紆余曲折あります

 

 

 

ゆづを応援する中で

経験する色とりどりの感情

 

 

 

悲しみも落ち込みも

嬉しさも感動も

 

その一つひとつが

人生の尊いエッセンスだと思っています

 

 

 

 

 

彼への

赤裸々すぎるほどの思いの丈を

日々読んでくださりありがとうございました

 

 

私にとって学び多き1年でした

 

 

 

 

また来年も…

私らしく書けるといいなと思っています

 

 

 

 

 

 

では、

よいお年をお迎えください✲*゚

 

 

 

 

 

 

 


今年もたくさんの足跡を

ありがとうございました


ポチッと…押してくださいますか?

 

↓↓↓

 


フィギュアスケートランキング

 

いつも本当にありがとうございます✲*゚