ゆづからゆづへ 贈る言葉。

テーマ:

 

 

 

 

 



ちょっと過去のキャプを

見返したりしているわけですが



いやー…

目に留まる留まる





ゆづの言葉





これ

今あらためて見ると

深いなぁと思うこと多いです



それに今に繋がっていること

確実にあります






なので


今日はフォルダから

これまで撮りためてきたゆづの言葉を

少し振り返っていきます




ゆづへのメッセージになっているものも…

あるかなと私は感じました







あまりにも膨大な数なので←キャプ3万枚の人

記事を分けますね(*_ _)



 

当記事では

ソチ後~2016ワールドまで


私の目に留まったものを

またまた独断と偏見で






これ

ソチ直後


 

 

 

 

“自分が変革者”


まさに言葉通り

世界のトップを走り続け

スケート界を牽引してきました




今になってみると


一聞、

先見の明があるコメントのようにみえますが


同時にそこには

強い志あっての実現力が

伴っていたのだとわかります



 

 


そしてノブくんとの

このやり取り


 

うーん、これ…

今同じこと言えるかなぁ…


確実に『連覇』の文字が

脳裏にあるはず



ま、

3年前だしね


今は今の心境を大事にして







 

 

 

 

うんうん


これも

もう現実になっているよ




嬉しそうに

楽しそうに


話す19歳の…



 

 

叶いつつ…

あるのかな




 


そしてこの年は


あの中国杯から始まった

激動のシーズンとなった



印象的なのは

やはりこの言葉


 


え…

何が…?



何が終わったの…?

ゆづ…

 

 

あんなに強気で

勝気で悔しがりな彼の口から


こんな言葉が出るなんて…


それも演技直後



どんなにか

心身ともにボロボロの状態だったか…


想像するだけで…いまだに涙が滲む

 

 

 

 

 

でも


 

 

これも印象的な言葉

まるで自らを奮い立たすよう



それは

どん底から這い上がっていく

決意表明のような



19歳なのに

大人よりも大人な顔つきしてる


心が出てる


 

 




それからあのファイナル


王者復活






からの


これ全日本前…かな

インタ


 

 

 

 


私も

いつかの記事に書いた



“オリンピックチャンピオン”の

とらわれ状態だったゆづ



どうかとらわれないでね

そこに縛られないで


呪縛になりませんようにって




したらば

ゆづは気づいた


“そんなこと関係ない”と




ホッとしたんだった




 


全日本後のインタ


 

これももう

有名なフレーズ


胸が締め付けられるわー



体調悪く

汗びっしょりで

その表情でその言葉



なんて世界に

身を置いているんだろうって



 



腹部の手術






ワールドでは

なんとか試合に出られるまでに持っていくも…


2位


裏で泣きじゃくっているキャプも

載せたことあるね




が、

この言葉に私は打たれた


 

あの中国杯と

同じリンクだったワールド



“あの時は挨拶できなかったから”って

“氷に感謝”って



誰がこんなこと言える?


これが羽生結弦だよ





そこに伝えた思いは

めぐりめぐって

やがてあなたに帰ってゆくからね



 



でも

ガチアスリートなゆづも


バリバリの健在ww


 

 


“悔しい”を23回www


これ驚いたー

どんだけなんってwww


 


そして

キュッと身が引き締まった一言


 

今となってはなんとなく…

“限りある”が文頭につくような気がする

 





後で知った

20歳の夏にこの発言をしていたこと


 

 

 

“追いつかない”


この言葉に凝縮された

時代の流れとその速さ

 





さらにはあの

“平昌で金メダル獲るつもりしかない”発言の時


 

すでにネイサンの名前が出ていた



時代の到来も

ゆづはすべてわかっていたんだね


 



そして今に至る


 





次シーズン


バラ1とSEIMEIをもって

挑んだスケカナ


パトリックに負け2位


 

この質問に対し



少し苛立ちすら感じさせるニュアンスで


 

うんうん…




 

ってか、

キレてるやん!!www


プンプン丸やん!!www



あ、

もち自分にね





続く問いかけ


 




 

お、

おこやでwww



強いわー

強いぞ羽生結弦!!www




いいわ~


好きだわ

このバリバリビンビンな感じ

 

 

 

めっちゃメラメラ


今にも噴出しそうな

マグマのような熱い意志


固い決意





 

負けん気!!wwwww

 



いやー

大好きだ


私ゆづのこういうところ








そしてN杯


あのショート&フリー




からの



 

で、

出た!!


もうテロップ燃えてるしねwww



まぁ、絶対王者だぞっていう“つもりで”

やってきたってことなんでしょうけども

 

印象に強く残る言葉でした


 




その後の会見では

ボーヤンについて言及するところが

記憶に残っているかな


 

新4回転時代を切り開いたのは

ボーヤンだって言ってたもんね

 





これは

修造さんとのやり取り


心の片隅にある…ひとつの本音…

垣間見た瞬間だったかも


 

 

バンバン跳んで

互いに競い合う時代に刺激を受けつつも


こんな思いもまた…どこかあるんだろうね






んで

私的にはこれ!!


N杯と言えばこれ!!


 

う、

うんうん…






 


この顔なwww





なんか嬉しそうぢゃね?


とか思ってたら…




 


本気で嬉しがっていた件。






いやー


これが羽生結弦ですわ




 


めっちゃワロてるやんwww




もう

闘争本能剥き出しみたいなとこ

ありましたもんね



羽生結弦の闘争本能 

ここに目醒めたり!!




な、

笑みだったよね


あの『ふっ…』となるとこ





いやー

好きだわ、この言葉の流れたち






でも

バンケでのこの発言も好きなんだな


 

厳しすぎる勝負の世界から解き放たれ

ただの大学生に戻れる時間



私まで嬉しくなって

ホッとしたりも



こういうメリハリ緩急があるからこそ

頑張れるのかもしれないね







N杯後のインタ


私が最も好きなインタですが

今日はここだけ


 

 

 

 

ここが

ホープ&レガシーに繋がり


そして今のSEIMEIに繋がる


と、

私は思っていて…




萬斎さんとの対談は

ゆづにとって大きな大きな機会だったのだと

あらためて思う

 





高い壁を自ら作り

乗り越えたファイナル


 

 

 

その言葉に

どれほどの重みがあるのか


彼が背負ってきたものの大きさを

思い知るものでした






さらには

“絶対王者”について


 

これ正直

ホッとしたんだった


あの“オリンピックチャンピオン”の呪縛と

同じようなことにならないといいなと

思っていたから




でも

ゆづはいつも気づくね






そして

修造さんインタ


 


本音を引き出してくれる



 

突き刺さる一言



当たり前だけど

彼も人間なんだと



でも『怖かった』と

言葉にできてよかった






そして

ザ・羽生結弦なのがこれ!!


 

場内に響き渡る

ハビちゃんコール受けて



 

Wwwww



力づくで

場の空気を持っていくところ


そのメンタルさすがです



あなたじゃなきゃできない


 




全日本


 

思うような演技ができず

振り返るゆづ




これは

私的にはブライアンの言葉でした



 

 


『君は人間』


ありがとうって

ブライアンありがとうって思った




ゆづを解放してくれた






が、

どこまでも羽生結弦は羽生結弦でwww

 

 

ここから

厳しい練習ができる喜びに繋げる回路


開いた口が塞がりませんわw

 





ゆづらしいわーwww


 

連発w






インタも


 

 

 


マグマか!!

オマイは!!





ってか、


本来のゆづ…

ゆづの本性ってここにあるんだろうなぁ



これがあるから進化してきたし

乗り越えてこられた




こういう熱量

持ち合わせているトップアスリート


なっかなかいないと思う



それを言葉にする人もね





まぁ今季は

ここをどう“抑えるか”が大事だと

ブライアンは言ってたね



お願いしますブライアン!!



 



最後は笑顔でね


 

…目の奥が笑ってないが。



 



でも実は

この頃にはもうリスフランがあって…


ワールドへ向けての練習だけれども…


 

歯がゆさと戦うような

こんな言葉も出て





そしてこの言葉には


 

吐くまでの練習をしてきたという

彼の過去を思い





でもやっぱり

 

 

 

どんな時も彼は彼で

羽生結弦は羽生結弦なんだと

 



熱血スポ根魂

ここにあり!!







その日々


 

重い言葉


これは

“必要な孤独”




彼の切望


 

今も…

もしかするとそうなのかな





そして

いま一度

 

 

 

心に留めておきたい




 



ザッと振り返ってみましたが


ゆづの言葉は

いつどんな時も“生きて”います



それがまるで

呼吸しているかのようです



魂と意志を持っています

 

 



それはきっと

彼がどんな瞬間も精一杯 懸命に

生きている証なんだと思います









昨日コメントで

『ちぇりんと共に駆け抜けてきた3年』っていただいて…


ウルウルしてしまいました





そこには

いつもゆづが






ゆづと共に駆け抜けてきた3年


その日々






もう少し

共に走らせてください





後半へ続く



 

 

 




ポチッと…押してくださいますか?


↓↓↓

 


フィギュアスケートランキング


いつもありがとうございます✲*゚





AD

コメント(18)