若い頃は・・・

車が大好きで、冬はスキーに行き、夏はマリンスポーツで、

一見すると、派手に青春を謳歌していたように見えますが、

流行に流されていただけかも知れないとも思います。

 

それで・・・

当時のスキー場は凄い混雑で、リフトに1時間半も並んで、

ナイターをしなければ1日4~5本しか滑れなかったわけで、

このような状況ではスキーを楽んだとは言えません。

 

そして・・・

小型船舶免許とダイビングのCカードを取得したのですが、

船舶や水上バイクを保有する余裕がなく、スキューバ―は、

伊豆と沖縄とハワイで数本潜っただけだったわけです。

 

その後・・・

消費税が導入されて、本格的な不景気に突入したわけで、

不動産会社に36歳で就職してからは、お金も時間も無く、

強いて言えば仕事と宅建の勉強が趣味だったのです。

 

いや~・・・

当時の不動産会社と言うのは、どこも超ブラック企業で、

朝から終電近くまで働かされ、ほとんど休みも貰えずに、

それだけでも辛いのに趣味どころじゃないわけです。

 

ほどなく・・・

長女が生まれたわけですが、家庭はほったらかしの状況で、

なかなか長女が私に懐かず、どうしても時間が欲しくなり、

長女が3歳の時に今の会社を立ち上げたわけです。

 

ですから・・・

仕事だけの生活から一変して、趣味を楽しめるようになり、

長女が高校生になるまで家族で冬はスキー夏はキャンプと、

趣味と仕事とメリハリのある生活をしていました。

 

つまり・・・

結果的に独立して良かったと思うわけで、長女が成人し、

家に置いて行っても大丈夫になったので、以前のように、

下の子が小さいうちに、家族でスキーやキャンプを楽しみ、

生き甲斐のようになればますます楽しいわけです。

 


建設・不動産ランキング