前回の続き。

 

この2案のデザインにいつもの色鉛筆ではなく水彩で着彩しようと思います。

 

 

水彩画は20年ぶりくらいですが、パースに対しては初めての試み。

 

YouTubeでなんとなくやり方を参考に水彩絵具…ではなく、EP塗料、いわゆるペンキでやってしまおうと。

 

ペンキならたっぷりあります。

 

 

作業してわかったこと。

 

ほとんど水に近い状態の塗料を塗るので適当な厚紙でもしわしわになってしまうこと、

 

あとなんといっても、今回のインダストリアルなデザインは黒の部分が大半を占めるので着彩が難しい…。

 

区切りがわからなくなる…。

 

そのかわり煉瓦などは表現しやすいでした。

 

で何度か失敗を繰り返し、多少の色鉛筆の力もお借りして水彩1発目としてはなんとか人に見せれるかなッて程度で完成しました。

 

見てください1案目。

 

 

どうでしょう?

 

続いて2案目

 

 

赤い部分に色強く載せ過ぎました…。

 

やはり着彩するとイメージがわきやすくなりますね

 

そして色鉛筆には出せない微妙な色が塗料だと調色して簡単に出せるところがいいですね。

 

色鉛筆でここに使いたい丁度いい色がない!って事かなりあります。

 

色鉛筆の1番の欠点はコピーするとほとんど見えなくなってしまう点ですね。

 

ベタ塗りするわけにはいかないので薄く塗ると色がでないのでこれまではお客様に原本を渡さなければならない事がほとんどでした。

 

しかし!

 

水彩で着彩すると、コピーした時に色がきちんと出るんです。

 

いや~。パースの着色、はまりそうです…面白い…。

 

そのうち人物も登場させちゃうかも…。

 

あと犬とか…。

 

 

 

鳥とかも…。

 

 

 

 

モルタル造形、モールテックス、

リフォームに関するお問い合わせは

 

WALL DECO Kabeya

011-790-7272
または

アスペックコーポレーション

札幌市東区北32条東18丁目6-2   TEL 011-783-6565

http://www.aspec.co.jp/

まで