円山にオープンするチーズ屋さんのエイジングのお仕事その続き。

 

 

下地を終え、塗装に入ります。

 

 

まずグラデーションをかける前にベースになる紺色を塗っていきます。

 

この壁はお店に入ると真正面に位置し、この壁の中央にカウンターが設置され、壁には棚、お店の名前のサインが飾られます。

 

壁の腰から下にはランダムに六角形のタイルが貼られます。

 

なのでこの段階で見えている壁の3割ほどは見えなくなるという事!

 

それをふまえてのエイジングです。

 

 

ざっと塗りあげてここから上部を重点的に濃紺にエイジングしていきます。

 

と、話は変わって青の壁の奥にはチーズを保管する部屋が!

 

 

ここでチーズを熟成させる?発酵させる?のでしょうか?

 

お店がオープンしたら必ず買いに行きますね。

 

 

エイジングはローラーでおこないます。

 

が、今回は通常のローラー以外にマスチックローラーなるものも使用します。

 

別名 粗骨ローラーともいわれ、モルタルのテクスチャー付けなどに使われます。

 

 

微妙なボカシに使えるんですよこれが!

 

これで海綿スポンジを使用せずにエイジングをおこないます。

 

こっちのほうが断然スピードが速いです。

 

 

こんな感じで!

 

角度変えてこんな感じで!

 

 

そして外にも。

 

 

外に関して実は、ベースの色に内部の濃紺で使用した色をベースに塗り、更にそれより濃い紺でエイジングしています。

 

それは、外は日が当たるので、同じ色でも内部より明るく見えてしまうから。

 

そこも計算しないといけません。

 

オーナーさんと話をしてそこに気を配りました。

 

外の青い壁にはお店のサインがつきますが、その下にステンシルでお店の商品イメージを描きます。

 

 

今回は設計の方に機械で作っていただきました。

 

私は元看板屋なので、このカッティングシート。懐かしい…。

 

チーズ、サンドイッチ、カップの白抜きをこれで表現。

 

カッティングシートでステンシルする初の試み。

 

 

はたしてうまくいくでしょうか?

 

 

壁の粘着よりクリアのシートの粘着が強いので慎重に剥がしていきます。

 

 

なんとかうまくいったので早速ステンシルしていきます。

 

 

はい!

 

成功でございます!

 

という事で完成でございます!

 

 

内部はその間に棚が設置されてきました。

 

 

楽しみですね。

 

ここからどんな感じでお店が完成するのか。

 

チーズ専門店 エクレレさん

 

4月3日オープンです!

 

ありがとうございやした!

 

 

 

バルペイント、

エイジング塗装、モルタル造形、モールテックス、

リフォームに関するお問い合わせは

 

WALL DECO Kabeya

011-790-7272
または

アスペックコーポレーション

札幌市東区北32条東18丁目6-2   TEL 011-783-6565

http://www.aspec.co.jp/

まで