KABEYAのマンションリノベーションの現場。

 

そこに新たなイタリア発のバルペイントを施工します。

 

 

こんなお洒落な入れ物に入っています。

 

いかにも海外の商品って感じですね。

 

バルペイントについては前回のブログでざっくり説明しましたが、豊富なバリエーションの中で今回は大理石調ペイント

 

メテオレ10 セメントというものを施工します。

 

ペイントといいますが目地があり見た目はただの塗装では考えられないと思う事でしょう。

 

今回は玄関入ってすぐ左手の壁一面をこれで仕上げます。

 

クロス上にも施工可能!

 

ただクロス上に施工する場合はクロスの凹凸が仕上げに出てくる場合があるので凹凸にまずパテをして平滑にします。

 

 

パテが乾いたらプライマーを塗布していきます。

 

 

この壁がどの様に生まれかわるのか!

 

 

この日本の鏝とは一味違うスパチュラというツールでベース材を塗りあげていきます。

 

イタリア人が使うこの道具は私たちの鏝の持ち方とちがいこんな風に根元をつまむようにして持ちます。

 

なんかそれだけでイタリアっぽい、お洒落な感じがするのは私だけでしょうか?

 

ベース材を塗り付けた後タイミングをみてこれまた専用ツールで大理石をイメージしたテクスチャーをつけていきます。

 

 

テクスチャー、ここでいうと石などの気砲穴みたいなものですね。

 

これは個々の感性が問われます。

 

もちろんセンスも。

 

この作業の後はまたタイミングをみてスパチュラで全体を平滑に押さえていきます。

 

 

あ、気づいたら持ち方がイタリア方式でなくなってる…。ついいつもの持ち方に戻ってしまう…。

 

 

こんな感じでベースが完成しました。

 

完全乾燥させるため一日空けます。

 

 

 

 

バルペイント、

エイジング塗装、モルタル造形、モールテックス、

リフォームに関するお問い合わせは

 

WALL DECO Kabeya

011-790-7272
または

アスペックコーポレーション

札幌市東区北32条東18丁目6-2   TEL 011-783-6565

http://www.aspec.co.jp/

まで