仕事が多忙で身体が悲鳴をあげています。

 

先月はその原因か手首ピキピキ病になってしまい一週間くらい黄金の左手が使いものにならなくて大変な事になっていました。

 

手首ピキピキ病とは…

 

手首がある角度によって負荷がかかりピキッと痛みが走る病気です。腱鞘炎みたいな…。

 

 

 

さて北海道は、例年より初雪が遅く、外壁の塗り壁工事が続いていた我々にとってラッキーな感じになっています。

 

外壁の塗り壁工事は冬の期間でもやる場合がありますが、ベストはやはり雪がない時期にやる事です。

 

冬にやる場合はテントで覆って、練炭をたいて夜監視員をおいたり、巨大なジェットヒーターで温かい空気を循環させたりと、余計な手間がかかります。

 

今回の仕事は丁度雪が降るか降らないかといわれていた真っただ中で行われました。

 

外壁の塗り壁ウッドブリースを塗った後にエイジングをします。

 

 

塗り壁を仕上げた後に初雪が降り、あっという間に白い北海道になってしまいどうなることかと心配していましたが、

 

現場に乗り込んでみると快晴で今度は雪解け水との戦いでした。

 

 

ガルバリウムという金属製サイディングと塗り壁が半々にデザインされている一般住宅。

 

テントのかかっている中が塗り壁。

 

 

家の裏面も半々に分かれています。

 

よく外壁のエイジングは三角屋根の洋風な家に見られますが、

このモダンなデザインの家でサイディングとのコラボはなかなか珍しいのではないでしょうか?

 

エイジングのためのサンプル制作はこんな感じです。

 

まずエイジング用のスポンジを作ります。

 

小さなこだわり。

 

スポンジは真四角よりラフに手でちぎったものを使用する。

 

外壁のエイジング、今後も少し増えていくのでしょうか?

 

 

 

こんな感じで本番やっていきます~

 

 

 

エイジング塗装、モルタル造形、モールテックス、

リフォームに関するお問い合わせは

 

WALL DECO Kabeya

011-790-7272
または

アスペックコーポレーション

札幌市東区北32条東18丁目6-2   TEL 011-783-6565

http://www.aspec.co.jp/

まで