八軒のマンションのリノベーションに続く、造形師山田プロデュース(モルタル造形はないが・・・)の第2弾。

 

今回もインテリアコーディネーターの完全体になったばかりの私が部屋のデザインなどを担当。

 

あ、いい忘れましたがこの度晴れてコーディネーターの資格を得て、これで堂々とインテリアなどの空間提案ができるようになりました。

 

コーディネーターの資格ははっきりいうとなくてもできます。

 

はっきりいうとセンスがあればできます。あとは経験、流行の先読み、雑誌の情報入手などが

大切ですが世の中結構資格を持っていないでコーディネーターを名乗るものは沢山いるはずです。

 

しかし!

 

インテリアコーディネーターの試験内容は建築を広く浅く学びます。

 

知識として持っているだけでも違うでしょう。

 

 

という事で第2弾のテーマは、壁紙専門店ならではのインダストリアルスタイル空間。

 

ありきたりなモルタル色を一切使用しない、壁紙のみで空間を独特に変貌させます。

 

今回のリノベは間取りをあまり変更しない、前回の八軒https://ameblo.jp/aspec-corporation/entry-12270176539.html

のような塗装など行わないで1000番代の壁紙を使う事となりました。

 

そこで選びに選び抜いたこのクロスをメインとする事になりました。

 

サンゲツさんのこのクロスがたまらなく気に入りました。これを使ったる~

 

近くで見るとラインがカッパー色であるので、カッパー寄りな深めの赤のクロスでアクセントを入れようかなと。

 

 

アクセントで使うようなこのクロスをベースで使おうというわけです。

 

ほぼほぼの国産のクロスで施工していきましたが、一種類のみ輸入壁紙を使用しました。

 

何種類ものクロスを貼っていただいたクロス屋さんもかわいそうなライン入りでしたが最高の空間ができました。

 

施工の方はすべてノータッチだったので、完成写真のみのご紹介となりますが、

 

告知用の写真撮影も今回は私が自ら担当しました。

一枚目は掃除している小栗氏から。

 

 

 

ばしばし偽カメラマンが撮っていきます。

 

 

私の撮影を撮る小栗氏。

 

次回全貌をお見せします。

 

 

 

輸入壁紙、KABEYA リノベーションのお問い合わせは

WALL DECO Kabeya
 札幌市東区北32条東18丁目6-10

011-790-7272

https://www.facebook.com/walldecokabeyaまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD