さて間隔があいてしまいましたが前回の続きです。

 

手形だと思い込んでいた施主のお子様の形取りですが足形だったということで、左側に両足の形ができました。

 

ここから一気に作業を行います。

 

まず煉瓦部分を作っていきます。

 

毎度おなじみです。

 

上部のアーチも手掛けます。

 

 

そしてモールディングの上部の石も手掛けます。

 

どんどん作業を進めます。

 

次は煉瓦の上の剥がれかけたプラスター(塗り壁)のモルタルを塗りつけていきます。

 

 

こんな感じで削り出す前の塗り付けた直後です。

 

足形は傷つけないように周りまで塗り付けます。

 

私は煉瓦とプラスターの剥がれた表現にはモルタルを塗り付けていく作業の段階で決めてしまいます。

 

こんな風に。

 

プラスター部分のモルタルを乾かす間に上部の石積み土壁風を仕上げていきます。

 

 

全体に白のモルタルで完成させるのですが、ここの土壁風の部分のモルタルにはほんの少しだけ色を入れてあります。

 

それによって白い石とのメリハリがつくからです。

モルタルの着色は全体が白のイメージなのでほんの少しです。

 

さあ!

 

プラスターのカービング(彫刻)作業を行いこんな感じで完成しました。

 

 

そして重要な足形周りのプラスターもこんな感じになりました。

 

 

うまく馴染めました。

 

本来はこのタイミングで足形をつけるのがベストだったのですが・・・

 

まあ、やればできないことはないとわかりました。

これも一つの経験です。ありがたい事です。

 

次は文字入れとトップコート作業、エイジングクロス施工になります。

 

 

 

 

モルタル造形、モールテックス、

リフォームに関するお問い合わせは

 

WALL DECO Kabeya

011-790-7272
または

アスペックコーポレーション

札幌市東区北32条東18丁目6-2   TEL 011-783-6565

http://www.aspec.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD