緊急事態宣言延長 | 温浴マネージメントサプライヤー 村山吉和のブログ|アスパポート株式会社

温浴マネージメントサプライヤー 村山吉和のブログ|アスパポート株式会社

経営改善・集客ノウハウなど、実践に即したヒントをご提供していきます

1月8日発令された緊急事態宣言が延長され、2月7日予定が3月7日までになり状況次第で解除が早くなるようです。

 

一回目の時は4月7日に発令され一ヶ月半で解除されましたが、首都圏をはじめ近畿圏でも多くの温浴施設は休館し自粛生活になりました。

 

ただ今回は営業自粛する業種は限定され、大半の温浴施設はレストラン部門の時間変更で対応しています。

 

中には時短営業や深夜営業を停止する施設もあり、前回同様厳しい状況には変わりありません。

 

これからのことを考えると、以前のような状態に戻るのはかなりの時間がかかります。

 

どの施設も現状で少しでも利益が出る体質にしようと四苦八苦していますが、基本的な考え方の多くは今までの営業体制がベースになっています。

 

思考をリセットして考えることも必要で、この状況で新規オープンするにはどうすればいいかを視点にしてはどうでしょうか。

 

現在の思考でできる考えは、営業時間の短縮・送迎バスの廃止・飲食部門の縮小等利用者にとってはマイナスしかありません。

 

それも必要ですが、利用者にとっては不安的要素しかありません。

 

少しでも利用者にとってプラスになる企画も必要です。

 

そして、この時期一番大変な医療従事者の方々に、温浴施設としてできることがないかも考えるべきです。