遊・VIVA!

ヒヨコクローバーヒヨコクローバーヒヨコクローバーヒヨコクローバー 「遊・VIVA!通信」


「遊・VIVA! (あそびば)」ネットワーク は、静岡県下田市で、子供たち、親子連れ、

そしてみんなの“居場所”作りをしているグループです。今年で13年目を迎えました!

このブログで「遊・VIVA!」の 今・これから・これまで をお届けしますメモ


★遊・VIVA!のFacebookページです。

  イベント情報や遊・VIVA!のあれこれをタイムリーに発信します!

 https://www.facebook.com/asoviva415
            こちらをクリック → 

 


★30年度年間「遊・VIVA!」「やね」年間予定 ここ☆  


 

     次回は、下田わくわくパーク「これば!」

 

      遊・VIVA!スペシャル

 

     「歌と遊びライブ

 

      まっちゃんのつながりあそび・うた」

 

     日時:12月9日(土)

 

     会場:下田市民文化会館 小ホール

 

     ☆午前の部:午前10時30分~正午 

 

       「みんな集まれ~、ふれあって遊ぼう!」 

 

 ☆午後の部:午後1時30分~3時

       「歌って踊ってゲームして、みんなで元気に遊ぼう!」

 

 


   遊・VIVA!のタイムリーな情報は、Fcebookへ→★



aaaa 忘れない、あの3月11日。あの日のこと、感じたことを忘れない。
       そして、各地でのやりきれないいくつもの出来事・・・

         だから・・・毎日を、そして自分を大切に。心をよせて・・・。ああああああああああああああああああああああああ


 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年11月15日 10時10分10秒

新庁舎はどうなるのかなぁ(その9)決着?!

テーマ:ご挨拶

11月15日(木)

 

遊・VIVA!ブログで8、9月に取り上げた「下田市新庁舎設計問題」が「決着」したそうです。

 

結局、議場は3階になり、市民窓口は2階ということ。

何とか折り合いつけた・・・ということでしょう。

色々な場面でみんなでこの話になると

「とにかく、早く建ててほしいよね」という声がほとんど。

途中では、別棟になるとか、いろいろな話が飛び交っていて、

一般市民にはもうわからない状態でした。

そして決着してみれば、1800万円の負担贈ですって!!

こうなったら良い物を、それは「立派な」という意味ではなく、

「市民にとってより良い物を作って下さい!!」と祈るしかありません!!

 

遊・VIVA!としては、新庁舎が建つことに付随して

今の図書館のこと、乳幼児の検診施設の現状、学校施設などを見ると

「豊かな自然の下田で、子育ての環境が豊かなのか?」と問われたら

残念ながら「下田は、大変貧しい」と思うのは、私たちだけでしょうか。

何か要望しても、「新庁舎ができないとねぇ・・・」と言われ続けてきたこと、

今まで我慢し続けてきたことを

しっかり解決できるようにお願いしたいです!!

議員の皆さんにも、そこに向かってしっかり動いてほしいですし、

私たち市民もそれを見ていく責任があります。

来年4月の市会議員選挙についての話題が出てきています。

以前、この話題でFacebookにコメントを頂きました。

「みんなが選んだ市議会議員だよね。
もっともっと、慎重に市議会議員選挙で考えないと----。
知り合いだから とか、誰々さんに頼まれたから--- もうそんな選挙から我々が脱却しないと。」

本当にその通りです。
新庁舎のこと、選挙のこと、しっかり見て動くことが大切だと、改めて思うこの11月です。
2020年の完成の時、
「○○町は、いいなぁ」とうらやむのではなく、
「いいでしょ、下田!!」
それがハード面だけでなく、ソフト面でも言えるように!!」
 
最後に・・・
市議会議員の鈴木敬さんがお亡くなりになりました。
この新庁舎についての質問状への回答にしっかりとした意見を頂きました。
その時、回答が到着した旨をお伝えに行った際、
その内容についてお話する機会がありました。
体調が悪い中、締め切りまでに間に合うように意見をまとめて下さったことを
そこで知り、「責任を果たす」という姿を見せて頂きました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
 

 

これまでの流れは、こちら↓です。

・最初に「新庁舎設計についての疑問」を遊・VIVA!がFacebookに書き、反響が大きかった記事→★

・新庁舎設計について、市議会議員さんへの遊・VIVA!からの質問状内容→★

・質問状に対して回答があった議員さん名の公開、市の情報公開取り組み→★

・市議会議員さんからの回答その1(大川敏雄議員、滝内久生議員)→★

・市議会議員さんからの回答その2(橋本智洋議員、伊藤英雄議員)→★

・市議会議員さんからの回答その3(小泉孝敬議員、鈴木敬議員)→★

・市議会議員さんからの回答その4(土屋忍議員、竹内清二議員→★

・市議会議員さんからの回答その5(沢登英信議員、増田清議員、進士濱美議員)→★

・新庁舎はどうなるのかなぁ(その8)・・・まとめ→★

2018年11月12日 15時30分30秒

第10回「遊・VIVA!村の村まつり」元気に閉村しました!!

テーマ:ご挨拶

11月12日(月)

 

11月10日、前日の雨模様が嘘のような晴天!

遊・VIVA!村の開村時間前から“入村希望”の小学生や、親子連れが並んでいました。

どこのお店も、小学生ハローワークも、

そして同日開催の「はたらくのりもの大集合!」との間を走る東海バスも、

どの場面もニコニコの花丸で無事に閉村できました。

 

村を後ろから撮影

 

伊豆新聞さんに載った2つのイベントについての記事です。

 

書きたい場面はいろいろありますが、村長から締めのご挨拶を!

 

「第10回遊・VIVA!村の村まつり」は昨日、おかげさまで無事に終わりました。

ご協力、ありがとうございました!
色々な準備がバタつき、中ボラ参加がゼロなど不安材料も様々ありましたが、

開村前から行列ができてたちまち村は大賑わいでした。
今回、大事に考えた子供の店もそれぞれ工夫されていたし、

手不足もJAさんや看護学生さん達の活躍でしのげ、あちこちで笑顔がひろがっていました。
「はたらくのりもの大集合!」という大きなイベントと同時開催でしたが、

シャトルバスというステキな協力のおかげで両方のイベントが楽しめる相乗効果も得られました。

また、来賓の方がいつになく多く副市長に加え、県の副知事まで来られて感心して帰られました。
不安材料のほとんどがプラスに働き、遊・VIVA!村10回目の区切りとして華が添えられた感じで、

村長はほんとに嬉しく感動の一日でした。
そして、皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

それぞれできる形で協力してしてくれた事が、穴を埋めることになったり、

より盛り上げる効果を生むことになったり、本当に力を合わせた成果だと実感しています。
改めて、皆さま、ありがとうございました!

 

村長も書いていますが、「不安がプラスになった」村作り、
その大きな成果が2つの企画の間を走った「東海バス」です。
下田小学校を出ていくバスを見送りながら、
「続けているとこんな経験もできるのんだなぁ」と感無量でした。
集計が全部終わっていませんが、来場者と子ども出店者、
そしてボランティア、スタッフの皆さんを合計すると、
あの日500名以上の人が下田小学校体育館に集っていたことになります。
今、手元にある写真のどの場面もキラキラッです!
平成最後の「遊・VIVA!村の村まつり」
来場して頂いた多くの皆さん、ボランティアの皆さん
会場には来られなかったけれど応援してくれている市内外にいる応援隊の皆さん、
ありがとうございました!
片付けが終わった体育館、小学生出店者やボランティア、そしてスタッフで記念撮影!
 
次は、12月9日(日)「歌と遊びライブ まっちゃんのつながりあそび・うた」で
お会いしましょう!!
 

 

 

2018年11月07日 11時20分20秒

村までもう少し!(準備~小学生の店)

テーマ:ご挨拶

11月7日(水)

 

今週土曜日の本番まで、準備準備の毎日です。

家内工業や夜の作業、「あれ、やったけ?」の連続です。

「やね」チームは第一水曜日なので今日は開催日、そちらも大忙しです。

 

特別に走る東海バスのきっぷです。

バスに乗りたい人は、「バスきっぷ申込所」まで!

 

これは、今年初登場の「ワクワクつり屋」の“獲物”です。

サカナだけでなく、いろいろな物がつれるそう。

自分で“獲物”も作れます!

 

今年の村作りは、代表挨拶にもありましたが、「子どもの村という原点にかえる」です。

   詳しくは、ここ→★

小学生に配布した「お店だそうよ」というプリントも、スタッフのアドバイスでイラストを増やしたり、

興味を持ってもらえるように考えたところ、3小学校9チームからの応募が!

これって、実はすごいことなのです!!

それも会場校以外からの申し込みがあるということもすごい!!

配布も応募も各学校のご協力がありました。

応募があった学校には、昼休みに子ども達との打ち合わせや説明に行かせてもらったり、

引き続きのご協力を頂いています。

子ども達もいろいろなアイディアで楽しそうなお店作りの話が進んでします。

それはそれは夢がふくらんでいるのです。

ただ、ここで毎年あることですが・・・

小学生たちは、「売り上げ=もうけ」と考えてしまうのです。

小学校5年生で「割合」を習うと、仕入れとか原価と出てくるのですが、

実際にはなかなか実感がない、

「材料費が20円だったら1VIVA!(10円)で売ったら損しちゃうよね」と話して

改めて「そうだ~~」ということがほとんど。

何か買って、これの原価っていくらかな、なんて考えないですもんね。

というわけで、小学生の店用に会計表を作り、

それで自分たちの仕入れ、売り上げ、そして分配も、これでわかるようにまとめました。

見本の名前が、はるこ、なつみ、あきこ、ふゆみ、というのが昭和ですが。

この説明をすると、小学生たちも「やっぱり作る数を増やそう」とか、「売り方を考え直そうか」とか、

現実的になってきます。

お店作りは、思うようにいくこともいかないこともあります。

全部ひっくるめて、子ども達のワクワクときどき体験。

村のテーマは「一日大人体験~働く、遊び、楽しい~」です。

働いて、そして最後に「楽しかった!!」となるように、村作りしていきます!!

 

遊・VIVA!村までもう少し!!エンジン全開です!!

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス