大掃除と活弁研究の話。

テーマ:

ご無沙汰です。


年末なので掃除してたら、出てきました。


写真をご覧あれ。


懐かしい。。


こういう風に掃除が中断されていくのです。。。


ついつい読んじゃいますね、、。


コント、、やってたな。笑




鶯谷にあった東京キネマ倶楽部、懐かしいですね。


あの時は本当にカツベンって言ってもほとんど知られてなかった。。



最近、活弁研究の論文がちらほら出てきて、書こうと思ってたことが先越されてることがあります。


やられたーって気持ちは無くもないけど、私よりずっと巧みな文章で展開されてるし、ぐうの音も出ない。笑  


まさに、嬉しい悲鳴ですね。


最近海外からも弁士研究は盛んになりつつあります。


何にしても、たくさんの方々が活弁に興味を持ってくださるのは良いことだな、と思うので、未来は明るいです!


ぜひ今後、現代の弁士たちについてもたくさん書いて欲しいな。




最近だと、


上田学「弁士の系譜」『比較日本文化研究』18号、2016年3月。


(↑個人的に、これは特に一読すべきかな。私の考えてることと近いものがありました。この号は、他の執筆者の方々の中にも弁士に関する記述が多かったです。手に入らなかったので、国会図書館で閲覧&複写しました。。が、いつか手に入れたい。)


藤木秀朗『増殖するペルソナ--映画スターダムの成立と日本近代』名古屋大学出版会、2007年。


(↑ごめんなさい、最近まで知らなくて最近読みました。)


畑あゆみ「声の動員--1930-40年代記録映画におけるラジオアナウンサーと弁士」『映像学』76号、日本映像学会、2006年。


あたりかな?


これ読むべき!!ってのがあったらぜひ教えてくださいませ(o^^o)




2016年もあとわずか!

よいお年をお過ごしくださいませ。



活弁を知らないよって方、ぜひ下記のリンクをご覧あれ。4分くらいの動画です。


http://youtu.be/YASttVO0Qxw




※When I was cleaning my house, I found a Japanese cartoon that I was introduced in 2001. At that time, there was a speciality theater for Katsuben that is called "Tokyo Kinema Club". 


{AE71E3E1-67B9-4623-8267-DB4BF8CA605A}

{0ABA722E-92F5-453C-9B19-83C58758CB8C}

{6E0F9C6C-3512-4212-9095-263CEF889FD8}