日焼け止めの成分② | あそびゴコロ鍼灸整骨院 公式ブログ

あそびゴコロ鍼灸整骨院 公式ブログ

あそびゴコロ鍼灸整骨院の公式ブログです。
お知らせや健康雑学、私たちの日常やどうでもいいことなどを書きためていきます。

あそびゴコロ鍼灸整骨院 本町院
大阪市西区西本町1-12-7
06-6599-9205
平日 10:00~14:00 16:30~20:30
土曜 10:00~15:00

こんにちは。

 
あそびゴコロの新村です。
 
 
 
前回日焼け止めの成分についてお話しました。
 
今回は成分による違いについてお伝えしていきます。
 
 
 
 
前回説明しました【紫外線吸収剤】と【紫外線散乱剤】は配分によって肌への負担や使い心地が変わります。
 
 
【紫外線吸収剤】は使用感がよく白浮きしないメリットがある一方で、肌への刺激が強いです。
 
 
そのため比較的肌に優しい【紫外線散乱剤】だけで作られた[ノンケミカル処方]と呼ばれるものもあります。
 
 
 
ノンケミカルといっても紫外線散乱剤も化学合成成分になります。
ただ紫外線吸収剤が入っているものと比べて肌に負担は少ないのでノンケミカルと表現されています。
デメリットは白浮きしやすく、きしんだ感触があることです。
 
 
肌の弱い方やお子さん・紫外線吸収剤が合わない方は【紫外線散乱剤】だけが入っているもの、
肌トラブルはなく使用感を気にする方は【紫外線吸収剤】も入っているものを使うといいと思います。
 
 
 
 
どの日焼け止めを選ぶにしても自分の肌に合うもの・続けて使いやすいものを選びましょう。
 
 
夏以外でも日焼け対策は重要ですので、秋冬春も油断せずに日焼け対策しましょう!