言いづらいことが言えるようになる秘訣とは? | 管理職に向いてないな、と悩んでいたあなたが、3か月で管理職になって良かった!と思えるようになる方法

管理職に向いてないな、と悩んでいたあなたが、3か月で管理職になって良かった!と思えるようになる方法

管理職らしい仕事ができないし、言いたいことも言えない。だけど部下にはなめられたくないし、仕事が出来る人になりたい! でもこのままだと上司に見限られそう。。そんなあなたが、なぜか言いたい放題言いながらも、上司にも部下にも信頼される方法をお教えします。

新任管理職専門コーチの田端です。

 

年号も令和に変わりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

年号が変わっても、あいかわらず米中貿易協議は進展が見えず、世界経済の動向は相変わらず不透明な状況が続いています。

 

こんな時に特に重要となるのが、コミュニケーション能力!!

 

不確定な時代を乗り越えるためには、一人の意見のみならず、

多くの人々の忌憚のない意見を集め、

様々な可能性を見出すとともに、

しっかりとリスク管理も行って、

安全で着実な成長を目指してゆくことが最も重要となります。

 

いわば、ワンマン的な上司ではなく、

率直に意見を述べ合える民主的な上司となることが求められます。

 

とは言っても、

 

リーダーであるあなた自身がなかなか自分の意見を言えない、言いずらい、

 

という人もおられるのではないでしょうか。

 

今日はそんな方に言いにくいことを言いやすく秘訣を教えしたいと思います。

 

============

その秘訣とは、

 

「言いにくいと思っている事実をそのまま伝える。」

 

ことです。

============

例えば、

 

「重要なことだが、こんな話を上司に伝えると機嫌を害するかもしれない。。」

 

と感じていたら、

 

「ちょっと言いずらいのですが、重要なことなので、聞いていただけますか?」

 

と伝えるとか、

 

「ひょっとすると、的外れな意見かもしれない、言うと笑われるかも。。。」

 

と感じていたら、

 

「ちょっと的外れな意見かもしれないけれど。。。。」

 

といとこと言ってから、発言するとか。。

 

自分が感じている事を素直に口に出してみることです。

 

==========

 

あなたの発言を躊躇させているのは、発言で周囲の人々に与える印象、自分への評価を気にしすぎてしまうこと。

 

そんなあなたが、今話づらいと思っている事実をそのまま口に出してみてください。

 

そうすれば聞き手の人々もあなたの話が多少気に入らないものであっても、受け止めの気持ちの準備ができますから。

 

そして人は不思議なもので、最初の一言が言えてしまえば、その後は自然に自分の意見を言うことができるものです。

 

==========

 

もし、あなたが、

 

「自分の意見を言うのが苦手、ついつい躊躇してしまう。。。」

 

と感じていたら、ぜひ

 

「あなたが言いずらいと感じている事実をそのまま口に出す。」

 

事をやってみてください。

 

最初の一歩さえ踏み出せれば、後は意外にうまくできるものです。

 

==========

 

どんな難題もスムーズこなし、

部下の指導・育成に自信が持てる
部下からも上司からも信頼される。

 

そんなビジネスリーダーになりたい方はこちらから。