土讃線の坪尻駅に来ました。

徳島県の山の中にある、スイッチバックのローカル駅です。

 

 

{D782F481-A5A0-4B24-AD58-179CE66294AA}
 

駅舎は年季の入った木造駅舎です。

{D8F81167-E73F-4461-BA13-BF466306BFBD}
 
駅前は綺麗に整備されていました。
前年は草が生い茂った広場でしたが、砂利が入れられすごく綺麗になっています。
{F9F32D04-6B0D-40D0-B607-687426D8C2B0}
{A911A07B-C143-4CBF-B971-AF940EE1C7DA}
 
{03FE0BEB-3F97-455F-B910-B05FEDDA948F}
 
駅舎の窓は板で打ち付けられ、トイレも閉鎖されていました。
{43DF1BEC-8BDF-4DD0-A389-F2833A71BC57}
 
駅の反対側に沢に続く道があります。
下草も枯れる冬の時期、今回は空き時間に探検して見ました。
{1FEBFD9A-6DA8-4AE8-A05C-AA1A11A2B035}
{47B15CAA-0E8B-40C8-A9C1-89089F78A0A3}
 
徒歩1時間弱で、この場所にでれます。
ただ、途中獣道が崩落していたり、急な斜面を下ったりとそれなりの装備があるといいでしょう。
{AECB61CF-8E08-4A1C-BB6D-76449F2C04D3}
 
駅ノートを描いている途中、横で相方がサラッとこんなのを描き上げました。
なんだよ、この画力!