人について

テーマ:
$レスポンス。-SH380162.jpg


島崎藤村の代表作『破戒』を、
読んだことがあるだろうか。
日本に差別はない、という人がいるけれど、
差別は、存在する。
藤村は、部落差別を痛烈に批判したくて、
『破戒』を書いたのではない。
己を、批判して書いたんだ。

実際に藤村は、自分の親しくした人が、
差別を受ける部落出身者だと知った。
差別をしてはいけない、という心と、
それでも差別をしてしまう、心。
本当の自分を知ったときの、苦悩。

差別をしてはいけない、と高らかに云えるほど、
本当に高尚な人間などいるのだろうか。
どんなに立派なことを云おうとも、
その胸の内は、どこまで真実なのだろうか。

人は大抵、それが自己欺瞞だと気づかない。
だけど、自分の中の小さな自分に気づいたとき、
どれだけの人間が、それにきちんと向き合えるのだろう。

私は、藤村が「差別とは何か」ともっともらしいことを、
気持ち良さそうに言う人間ではなくて良かったと思う。
つまり、私たちは神様になる必要などない。
高尚な人間になろうとする必要もない。

だけど、差別をする心が自分の中にあると認めたときに、
初めて、人は差別を意識できるのだ。

私の中にだって、差別をする心はある。
私は、そういう自分がいることを否定できない。

差別は、どこにだって存在する。
たとえば、誰かに対する「してあげる」というのは、
誰かに何かをしてあげる、と言う自分に、満足し、
本当は、自分の気持ちが良くなりたいだけかもしれない。

そういう自分がいるのか、自問自答しなければならない。
そんな思い上がりがないか、自分に自問するのだ。
私たちは、誰かを救えるほど立派な人間じゃないし、
誰かを助けてしまえるほど、万能ではない。


人はまた、ときとして誤解する。
それは、表面を撫でただけじゃ解からない。
厳しいことを言っただけで、意地悪だと思うし、
優しいことを言っただけで、優しい人だと思う。

人というものは、高尚になどはなれなくて、
誰かを理解できるほどの人間には、なれないかもしれない。
だから、誰かと分かち合えるほどの何かを、
ずっと、ずっと、探してみる必要があるんだ。










そして、本当のことを知る。
人は、誰かを変えることなんてできないし
人は、誰かに何かをしてあげられるほど偉くもない。
だけど自分を変えられるのは、自分だけなんだよ。


もし、差別する心を見つけたのなら、
その心と葛藤できるのも、また自分だけなのだ。