オーラソーマ®虹いろバトン

オーラソーマ®虹いろバトン

オーラソーマ®カラーケアシステムは、アカデミー本校がイギリスにあります。
日本全国にたくさんのプラクティショナ―、ティーチャーが活動しています。
このブログは、体験談をコラムとして発信しています。


オーラソーマ®カラーケアシステムは、新しいシステムへと移行してゆきます。

イギリスに所在するアカデミーでは、新しいポータルサイトがオープンしました。


http://www.aura-soma.com/




このブログは、オーラソーマ®プラクティショナー、ティーチャーが個人的に体感した


「色と光とその質」について語るブログです。

虹いろのバトンが渡されるたびに、紡がれる光のストーリーをどうぞお楽しみください(2018年2月26日)



テーマ:

今回、みなこさんよりバトンを受け取りました、

千葉県市原市、千葉市を中心にオーラソーマプラクティショナー、ネイリストをしている

松岡良恵と申します。

 

 

今回のオーラソーマ虹いろバトンのコラムは、

テーマが新しくなり、

「思い出に残るコース」です。

 

 

今までのコースもいろいろな思い出がありますが、

直近で3月29日から31日までオーラソーマアカデミー学長のマイク・ブース氏の

コンサルテーションスキルのコースに参加して参りました。

 

 

オーラソーマのコースでは、座学より感じることを大切にしているのですが、

今回はよりその点に重きを置き、

「自分自身を受け入れる」という最も難しく優しいことを大切にしているように感じました。

 

ともすれば、コースを受け、色の意味を知ることにより、

言葉によるコンサルテーションになりがちなところを、

クライアントもプラクティショナーも何を感じ、

自分自身の足りない部分ではなく良いところを感じ活かしていくか、

何をするのではなく、どうしていくか、

自分が選んだボトルをいかにして自分に活かしていくか、

ということの大切さを改めて感じるものとなりました。

 

 

まず、コースの最初に行うメディテーションから、

いかに自分の日常で思考に支配され、力の入った状態でいるかを再確認し、

力んだ状態からの解放が心地よいか、

オーラソーマファミリーと呼んでいる仲間たちとの時間に

自分自身がありのままでいられるかに気づきました。

 

 

自分の選んだボトルから表されることも、今の自分を素直に感じ、

ボトルの意味ではなく、何が必要で塗りたいと思うボトルかということにも感じました。

 

 

今回のコースでは、ボトルの見方も改めて変わった点も多く、

ボトルを塗っていくことによる感じ方も自分自身の中での変化がありました。

 

 

オーラソーマのコースでは、深く自分を見つめることとなり、

学ぶということより感じ、気づくことが多く、

わずか3日間の時間でしたが自分自身の在り方の再確認には必要な時間であったと思います。

 

 

自分にとってオーラソーマがいかに大切か、

オーラソーマを通して気づくことが多いことを改めて感じる3日間、本当に充実していました。

 

参加できたこと、たくさんの方々と出会えたことに改めて感謝を感じる時間でした。

 

 

 

次回バトンは大河内宣子先生です。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

出張ネイリスト

Sinfonia Nail(シンフォニアネイル)

 

 ブログ https://ameblo.jp/sinfonia-nail/

Facebookページ sinfonia-nail&オーラソーマ

Twitter @sinfonianail

インスタグラム sinfonia_yoshie

 

 

虹このコラムは、著者の体験によるものです。個人の差があることをご了承ください。
本文、写真は「オーラソーマ®虹いろバトン」および著者に属します。
Copyright© オーラソーマ®虹いろバトン

Ameba人気のブログ