みなさん こんにちは

作業時間が半分になるパソコンレッスン

ブログの小学校 鈴木あいです。

 

人は新しいことをしようとする時に

ブレーキがかかる生き物です。

 

「現状が安全であればそれを維持した方が安全だ」

脳の仕組みで、生き抜くためにそうなっているようです。

 

 

しかし現代日本。

サファリのまん中に丸裸で置かれているわけではないので

ちょっとやそっとで命を落とすことはありません。

 

 

進みたくてアクセルを踏んでいるんだけど

同時にブレーキがかかっていること。

 

私もハマった間違ったブレーキを51つ お伝えします。
どうぞ楽しみにお読みください。


 

 

起業を目指す人が陥る間違った51のブレーキ(44)誰も来ないイベントはダメ

 

これまでの投稿

(1)から(10)までのまとめ

(11)から(20)までのまとめ

(21)から(30)までのまとめ

(31)から(40)までのまとめ

(41)本名を出さないとダメ

(42)いつかきっとはダメ

(43)売りたいものを売ってはダメ

 

 

「人が集まらなくって」

という時、どこをどのように捉えるか。

くじけそうな思いは進化ポイントに変えることができます。

 

 

私が立てるイベントも

誰も集まらずにそのままフェイドアウトするものも

実はよくあります。

「え?そんなのあったの?」と思われる方。

ご自身のイベントも

おそらくそんな認識です。

「やってたの?知らなかった」という方が

自分が思っている以上に多い。

 

集客できなかったイベントも無駄ではありません。

 

1 告知のタイミング

2 告知の回数

3 告知の内容

 

次のイベントのマーケティング・リサーチ結果になります。

なぜか知りたいですか?

 

 

リアルでチラシを撒いた方は体感したことがあると想いますが

チラシで反応があるのは

1000枚まいて3~4あればいいと言われています。

良くて3~4%悪ければ2%以下だと言う説も。

 

 

ネットでは興味のありそうな方に

繰り返し告知が出来るので反応率はもっと高くなりますが

集まらなかったイベントを進化材料にするためのポイントは3つ

 

 

 

1 お客様が予定を入れやすいタイミングでの告知ができていたか

2 反応率と集めたい人数を加味した上で告知回数は足りていたか

3 ニーズのある内容を、分かりやすく告知できていたか


愚痴材料にするのではなく

進化素材に変換し、リサーチ結果として取り入れよう

と、思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォルダわけして全部保存している方が多いです!
まじかるクラウン読むだけで楽しく文章を書くコツが分かってアクセスが上がるメルマガ

まじかるクラウンセミナー・イベント情報 

ブログ開設から アメブロカスタマイズまで 
まじかるクラウン90分で悩みがすべて解決しちゃうパソコンレッスン