はい、こんにちは

山本ノ誠です。

今日は「45歳で初めて満足出来る歯科医院に出会えた」時ノ話です。

私は長年「良い歯科医院」というモノを探していました。

なぜなら、「歯」は人体の中でも定期的なメンテナンスが容易な部位であり定期的なメンテナンスが必要な部位であるからです。

なので、自分で出来るセルフケアは勿論念入りに行ってきました。

しかし、セルフケアの限界点が必ず訪れます。

そこで、「歯科医院」が必要になるわけですが

ここで、一つの疑問が生じます。

「良い歯科医院」とは?

私も1人の治療家として考えないコトはありません。

「良い治療家」とは?



答えは

「患者様の痛み悩み不安を出来る限り払拭するコト」でしょうか?

「病院」「歯科医院」「整骨院」etc

を利用する患者様の目的は一つです。

「健常」したい。

なので治療は

誤魔化したり

手を抜いたり

騙したり

してはダメです。

だけど、私は今までに

誤魔化されたり

手を抜かれたり

騙されたり

されてきました。

それらは結局私の

知識不足

情報不足

経験不足

が起こした結果なのかもしれません。

しかし、医療の現場には

「インフォームドコンセント」(説明と同意)

が用意されているにも関わらず。

それを行わない医療現場があるコトも事実です。

今回、私がある患者様から紹介していただいた
歯科医院は今時のキラキラ歯科医院ではなく昔からある昔ながらの歯科医院なのに歯科治療の設備にはお金がかかってる職人歯医者がいるところでした。

そこでは、今までの歯科治療を徹底的に分析や診断を行い今後の治療の流れをコト細かく説明してくれます。
一回の神経治療に1時間以上かけてくれました。
(以前他の歯科医院で行った治療の後始末に時間がかかるそうです)
しかも治療を行った歯のビフォアーアフターを画像で見せてくれます。(途中経過をその都度説明してくれます)
ここまでしてくれる歯医者には今までに出あったコトはありません。

しかも歩いて行ける距離にある歯科医院なので

灯台下暗し

とは全くこのコトです。

「山口県山口市」に移住して良かったと思えるコトがまた一つ増えました。

私は

「歯」と「足裏」の関係はとてもよく似ていると常々思っています。

「歯」は日々のメンテナンス次第で一生使うコトが出来ます。

「足裏」も日々の使い方次第で一生使うコトができます。

共通するのは結局「使い方」

「歯」も「足裏」も大切に使えば一生モノです。

体は失った機能やパーツを同じ組織で買い換えるコトができません。

インプラントにしても

人工半月板にしても

結局、体にとっては「異物」でしかありません。

今あるモノを大切にすることって難しいわけじゃないからね。

私も1人の治療家として日々、患者様の希望に沿った治療を心掛けて参ります。

ここまで言って自分が出来ていなかったら恥ずかしいですからね。

皆様もまずは「足裏と健康」についての情報を収集してみてはいかがですか?