中小企業診断士試験(9) | 知的財産、投資、ビジネスについて千思万考

知的財産、投資、ビジネスについて千思万考

知的財産と投資との関係、ネットビジネス、今後の知財ビジネス等について書き留めたいと思っています。


テーマ:

久々の試験ネタです。全く勉強していなかったわけではないのですが、通学の授業もしばらくなく、なかなか記事にしにくい事情もありました。


事例Ⅰの演習では下記のような論点がありました。

・中小サービス業の付加価値向上策・・・サービスの7つの特性

・事業展開の戦略名称とその内容・・・アンゾフの成長マトリックス

・能力開発の取り組み・・・OJT、Off-JT、自己啓発

・組織運営・・・チャレンジ精神の醸成と活性化、帰属意識と組織文化の形成

・モチベーション・・・従業員満足と顧客満足

・収益構造の改善・・・売上の増加と販管費の削減


事例Ⅱの演習では下記のような論点がありました。

・競争優位・・・持続的競争優位

・ターゲット・セグメントの設定・・・デモグラフィック基準とサイコグラフィック基準からの特定

・ターゲット・セグメントに提供する機能・・・モノとコト

・売上の拡大・・・買上客数(口コミ、リピート) × 客単価 (アイテム数、人的販売、ISP)

・インターナルマーケティング・・・マニュアル化、接客能力開発、動機づけ

・インターネット通販・・・デメリットとメリット


上記では、組織運営のところが一番分かりにくい感じでした。「組織」関係は組織文化、組織構造、組織活性化、組織変革、とかいろいろ概念、言葉があって特にわかりにくい感じです。


総合的には終わってみればやっぱりうまく書けない・・・という感じです。やっぱり基本的な知識が欠けている、というのが率直な感想です。1次での知識と2次で必要される知識との間にギャップがありすぎる、というのが正直な感想ですがどんなもんでしょうか。


あと、どんだけ基本の知識、フレームワークを覚えても、新しい問題に対応できるのか、という不安はありますね。なかなか難しいですが、こつこつやっていくしかないかな。


baloonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス