羽生くんのオータムクラシックのフリーで3つのジャンプが回転不足を取られたことで色々騒がれています

私自身は4トウループは綺麗に決まったと思ったので、回転不足をとったのは厳しいと感じました

 

でも今回はルールが変わってから初めてのチャレンジャーシリーズです

ジャッジも含めての手探りがあると思います

ジャッジは最初から完璧であるべきだとは思いますが、現実的には難しいと思います

だからこそ選手もグランプリシリーズの前に試しとしてチャレンジャーシリーズに出るのだと思います

 

基本的にはジャッジが見ているカメラと放送の映像は違います

だからジャッジが絶対に間違っているとも言えないです

ミスジャッジが無いとは思わないです

そして本当に正確性を確認するなら全ての選手の滑りとプロトコルを確認しないといけないのではないかと思います

でもカメラの台数を増やすとか、AI判定を入れるとかそういった変化が今後あるのかは気になります

 

ルールを読んだことと実際のジャッジングに違いがあるのではないかと疑問に感じることがあるのは分かります

その場合は選手やコーチは直接ジャッジに聞くことができます

特にオーサーコーチはその部分を大事にしています

今回のこともすぐにジャッジに確認しにいったのではないかと思います

試合によってジャッジにばらつきがあると感じることはあります

しかも今回はチャレンジャーシリーズです

大きな大会に向けてジャッジも修正していく部分があるのかもしれないです

 

そしてそういった羽生くんの修正能力の高さを私はとても信頼しています

きっと誰が見ても完璧なジャンプを羽生くんなら目指すと思います

その羽生くんの強い想いが好きです

 

今回の判定は個人的にも厳しめには感じましたし、色々と思うファンもいるだろうと思っていました

その疑問を書いたり、考えたりする人もいて、それはそれで良いと思います

でも、かつて見たようなことを言う人もいます

 

真央ちゃんの回転不足については色々な意見がありました

回転が足りているのにとられた

あのジャッジは真央ちゃんのジャンプを認定しない

韓国が関わっているから下げられる

真央ちゃんがいかに敵だらけのなかで戦っているかを嘆く一部のファンの人はとても辛そうに見えました

 

髙橋くんも回転不足をとられることが多かったです

それも回転不足じゃないのにとられたと言う人もいました

羽生くんを勝たせるために下げられたと言う人もいました

こんなに頑張ってきた日本のエースをジャッジは酷い扱いをすると一部のファンは嘆いて辛そうでした

 

一部の羽生くんファンも同じように見えます

ジャッジのばらつきやルールの複雑化に伴う曖昧さや、毎年のように細かく変わっていくことに不信感や苛立ちを感じる人もいると思います

平昌オリンピックでは国による点数の解離でジャッジに処分があったりもしました

 

どうするのが良いのか考えると難しいと感じることもあります

何が羽生くんのためになるのだろうか、迷惑だろうか、ファンもそれぞれの視点で考え方も変わります

でもやっぱりファンにできることは応援することだと思います

羽生くんはいつもファンの応援がありがたいと言います

羽生くんが絶対に喜んでくれることは応援することだと自信をもって言えます

迷うことなくファンができる1番大切なことだと思います

 

でも以前髙橋くんは声援も信じられなくなったと言っていた時がありました

それはファンにとってもとても辛いことだろうなと思ったことがあります

応援していることが伝わらないのはもどかしいと思います

 

今回のことで他のスケーターを悪く言うことはしたくないです

それは繰り返していきたくないことです

 

私はやっぱり羽生くんもフィギュアスケートも好きです

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村