加齢とともに、筋力の低下や、歩行障害、視力の衰えなどさまざま要因が重なり、バランスを保ちにくくなっていきます。

高齢者になるとこれらの要因に加えて、病気や服薬によって転倒するリスクがさらに高まり、思わぬ場所で事故が発生することもあります。
高齢者にとって、転倒は寝たきりにつながる重大な事故になりかねず、その危険性を知って、対策をしておくことが必要です。

予防するためには、筋力とバランス感覚の低下を防ぐことが大切です。

普段からウォーキングや散歩をしたり、ストレッチで柔軟性を高めたりしておくことで転倒予防につながります。
一方では、無理な運動や体操をすると、ケガにつながることがあります。

当院では、個々の能力に応じて、段階的にメニューを組み、筋力とバランス感覚を鍛えることができます。
トレーニング後には、機能的動作の向上及び疲労回復を図るための施術を行い、トータルでサポートしています。