アキレス腱断裂後のリハビリテーションについて

 

アキレス腱の強度を保ちながら筋肉の萎縮、筋力低下、可動域制限を最小限に、より早く、より確実に日常生活、スポーツ活動に復帰させることが重要です。

 

当院のパーソナルリハビリでは、問診、動診、触診を詳細に行うため、従来より早いリハビリテーションプログラムを提案することが可能です。
そのため、筋力低下、可動域制限は最小限になり、早い時期に歩行、ジョギングが行えるようになり、クライアントのモチベーションの向上にも繋がっております。

 

写真は、螺良さん、固定を外してわずか二日目で歩行運動を行っています。
担当の石附トレーナーが付き、随時、アキレス腱の状態をチェックし、一連のリハビリテーションプログラムを指導していきます。