バドミントン日本代表U16の大垣選手は、インドネシア・バンドン市で開催されたダイハツ・アステックリージョナルジュニア2019を終え、帰国後その足でボディメンテナンスに来院されました。
海外遠征後の疲労は、身体、精神的負荷を連続して与えられた状態であり、一時的な身体および精神のパフォーマンスが低下しているため、休息が必要な状態です。
細胞レベルでは、細胞周囲の環境の栄養不足あるいは疲労物質の蓄積によって、活動が継続できない「疲労」状態になります。また、ストレスによって細胞周囲の環境が変化することも原因です。血液は酸素だけでなく、栄養を細胞周囲の環境に運搬し、蓄積した疲労物質を除去する作用を持つため、疲労回復には細胞周囲の環境を整える血流を増やす必要があります。当院は、この疲労回復のメカニズムを十分に理解したボディメンテナンスを行っています。

 

あしかが整骨院・整体院・鍼灸院

電話0284-22-7867

公式ホームページ