スポーツで体を動かす際に、選手は無意識に複雑な動作を素早くこなしています。飛んできたボールを蹴り返すことやボールをキャッチして投げ返すことなど、これらの動きは、神経に刺激が伝わり、脳が体を動かす指示を出し、その指示が神経を通じて筋肉に伝わることで生じます。
また、着地と同時に素早く再びジャンプするためには、着地時に伸びた筋肉が伸張反射で再び収縮。収縮することで腱にパワーが充填されてジャンプします。こうした筋肉の収縮・伸張速度を向上させるのが神経です。
このように、体の動きは神経がコントールしているからこそ、神経にどんどん新しい刺激を与えることで、神経の伝達スピードが向上し、より早く体を動かせるようになります。

 

あしかが整骨院・整体院・鍼灸院

電話0284-22-7867

公式ホームページ