当院をご利用いただいている野球の岩崎選手(中学1年)は、成長期における正しい体幹意識、固有受容感覚の強化を図るため、パーソナルトレーニングを依頼されました。
野球選手にとっても体幹トレーニングを取り入れることはパフォーマンスの向上につながります。
しかし、闇雲に体幹トレーニングらしきものをやればよいわけではなく、どういった意図をもって、どのようなトレーニングメニューを取り入れるかが重要です。
野球の運動動作は、筋力・パワー・持久力、そして技術力をそれぞれバランスよく鍛えていく必要があります。
しかし、成長期段階の選手の場合は、大人の身体を作るために身体のいたるところを成長させなければなりません。特に神経系の発達が重要になってきます。
正確な運動連鎖を習得させる時期であり、神経系の発達過程でどれだけ多様な刺激が加わるかが大切です。
当院では、成長期段階の選手に対し、運動巧緻性向上のトレーニングに重点を置き、今後につなげるトレーニングメニューを提案しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あしかが整骨院・整体院・鍼灸院

電話0284-22-7867

http://body-consulting.jp/