水泳選手のSTROOPS(ストループス)トレーニングについて
トレーニングの目的は「強く引っ張る」ことではありません。
体幹強化及び体軸を安定させることが目的です。
チューブの強度を活用したトレーニングは腹直筋・広背筋などのアウターマッスルや腸腰筋・脊柱起立筋などのインナーマッスルと言った様々な筋肉に刺激を与えることができるトレーニングです。
チューブを使うと、どうしても強く引っ張ることで筋肉に刺激を与えようとする方が多いですが、大切なことは頭~股関節(骨盤)までが一直線になるような「体軸」を意識することが大切であり。STROOPSのチューブとバランスボールを使うことによってあえて「不安定な状態」を作り出しているので「体軸」を意識させながら体幹と四肢が連動できるような実践的筋肉を鍛え上げることができます。

 

トレーニング動画

 

あしかが整骨院・整体院・鍼灸院

電話0284-22-7867

http://mypage.ameba.jp/