アスレティックリハビリテーションについて

当院では、スポーツ選手がスポーツ外傷・スポーツ障害によって身体の機能を著しく低下させたり、失った際、正確確実なリハビリテーションメニューを組むことで、早期競技復帰を図ることができます。

リハビリメニューは、各スポーツ競技の専門性を考慮したものであり、激しい動作にも耐えられる抵抗力を取得することができるほか、予防が図れます。

当院はリハビリを行うにあたり、下記を留意しています。

①各競技特性の正確な把握
その競技に必要とされる筋力や特有の動作を把握したリハビリメニューを組みます。

②段階的な負荷設定
ケガの部位に対し、オーバーワークにならないよう、段階的に機能評価を行い、身体状態に応じた最善のメニューを提案します。

③医学的制限の考慮
手術後や重度のスポーツ障害を有する選手に関して、患部を十分に考慮し、負荷がかかりすぎないよう積極的にリハビリを行います。

④再発防止
再発防止対策には、ケガの原因を知ることが重要であり、間違った動作や弱点を強化することで再受傷を防止する努力をします。

⑤患部以外の強化
患部以外の身体を十分に活用して、積極的に強化を図ります。


⑥精神状態の把握
個人やチーム内での役割などを把握し、「モチベーション」の維持に努めます。

※焦ってオーバーユースを引き起こさないよう注意喚起。

 

あしかが整骨院・整体院・鍼灸院

電話0284-22-7867

http://body-consulting.jp/