こんにちは!
店頭に並ぶ果物とはまったく違う、

ここにしかない極上ブルーベリー!

 

栃木県足利市でバリアフリーの

ブルーベリー狩り農園を開園すべく、

試行錯誤する毎日を送っている井上です。
2021年6月の開園に向けて、全力投球です。

 

 

やっと、重い腰を上げて

会計ソフトに入力を始めました。

 

 

去年までは白色申告だったので

 

青色申告自体が初めて。

 

 

貸方とか、頭が混乱する~

 

 

私の場合

会計上は

漬物製造業と農業と2つの業務を行っています。

 

 

 

そして本日気が付いた。

 

 

 

先日購入した

こちらのソフトは

 

農業簿記に対応していない~

 

 

 

 

泣く。

 

 

そして

 

 

やよい→弥生

 

にアップグレードしなければならない。

+3蔓延

 

 

 

ブルーです。

 

 

 

 

ブルーベリーだけに。(小声です)

 

 

ではでわ

 

 

 

いいね!ボタンが下に有ります。押していただけると、私のやる気スイッチも押されます!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
当農園は北関東自動車道の足利インターから近く、宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、下野市、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、藤岡市、安中市、みどり市からのアクセスが非常に良くなっております。
また、埼玉県、東京都、茨城県、神奈川県、千葉県から東北自動車道経由でのアクセスも大変良くなっております。

こんにちは!
 
店頭に並ぶ果物とはまったく違う、

ここにしかない極上ブルーベリー!

 

栃木県足利市でバリアフリーの

ブルーベリー狩り農園を開園すべく、

試行錯誤する毎日を送っている井上です。
2021年6月の開園に向けて、全力投球です。

 

 

 

ブルーベリー畑予定地の

田んぼに

U字構があります。

 

 

せっかくなので

 

 

畑に改造する前にU字構を使って

暗渠(あんきょ)を作りたいと考えています。

 

 

 

暗渠があれば、田んぼが水浸しになるのを軽減できる!

との思惑です。

 

 

基本このエリアは粘土質なので、

 

 

水が溜まりやすいのです。

 

 

水田を畑に改造してから行っては、

 

 

二度手間になるので、

 

 

農園の造成が始まる前に

 

 

暗渠を先に作ってしまおうと考えました。

 

 

でも、そのU字溝には


 

 

 

台風の影響で溜まった泥がわんさかと。



まずは泥を掻き出す事から始めないと❗

 

 

・・・・

 

結構溜まってる・・・・

 

 

ジョリンでという道具で

 

えっちら

ほっちら。


 

じっとり汗かいてきます。



上着脱いで、袖はまくって

 

 

良い汗かいた~

 

 

でわでわ。

 

 

いいね!ボタンが下に有ります。押していただけると、私のやる気スイッチも押されます!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
当農園は北関東自動車道の足利インターから近く、宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、下野市、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、藤岡市、安中市、みどり市からのアクセスが非常に良くなっております。
また、埼玉県、東京都、茨城県、神奈川県、千葉県から東北自動車道経由でのアクセスも大変良くなっております。

こんにちは!
 
店頭に並ぶ果物とはまったく違う、

ここにしかない極上ブルーベリー!

 

栃木県足利市でバリアフリーの

ブルーベリー狩り農園を開園すべく、

試行錯誤する毎日を送っている井上です。
2021年6月の開園に向けて、全力投球です。

 

 

今、井戸を掘ろうと準備しています。

 

 

近所の方と雑談していて

 

アソコに掘ろうとしているんだけど!

 

 

なんて、喋っていると、

 

 

 

アソコには川が流れているでしょ。

 

 

小さいって言っても、一応一級河川だから、

 

 

調べた方が良いんじゃない?

 

 

 河川法が有るよ

 

 

いや、敷地内だから。

 

 

敷地内でも、保全区域が有るかもよ?

 

 

って、

 

 

先週の金曜日の夕方に指摘されました。

 

 

家に帰ってから、念の為色々と調べてみました。

 

 河川には

河川区域、

(当たり前か)


さらに

そのまわりに

河川保全区域と言うものがあり、

 

 

 

 所有地であっても

河川保全区域であれば、井戸の許可を得る。


許可が滅多な事では下りないとか、或いは、やたら時間がかかるなら、


保全区域を外して井戸を掘る。


あまりに保全区域が広く、川から離れすぎれば、井戸水が出にくくなるというデメリットもあるしな~


 

 

という二択になるかと思います。

 

 

 

 

 

3連休だったので、

 役所はお休み。

問い合わせ出来ない。

 


ネットで調べるしかない訳で・・・・

 

 

この川の保全区域が何メートルあるか?

 

調査しました。

 

河川法のリンクはコチラ

http://www.pref.tochigi.lg.jp/h06/kasen_riyou.html

 

が、

 

この川の 保全区域は

川から何メートルなのかは

資料は見当たらず・・・・

 

 

保全区域は、場所によって、

 

 

5メートルだったり

10あるいは15メートルだったりするそうです。

 

 

もやもやした3連休が終わり、

 

 

 

本日、

県の庁舎へ確認に行きました。

 

気になる結果は、、、

 

 

 

 

その河川は保全区域がそもそも無いので、

 

掘っても問題ないとの事でした。

 

 

はぁ、

 

ビックリした。

 

 

 

その川は無いケド、

あの川とあの川とあの川は保全区域が有って、

 

あの川は砂防法があるエリアもあるよ

 

ですって。

 

 

 

なるほど~

 

 

とにかく

この川は問題なしか。

 

 

善し善し。

 

 

当初の計画通りです。

※マジ良かった~。

 

 

さっそく、基準杭を建てて

 

井戸の位置決めを行いました。

 

 

 

 

施工の準備が始まりましたよ。

 

 

 

でわでわ。

 

 

 

 

 

いいね!ボタンが下に有ります。押していただけると、私のやる気スイッチも押されます!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
当農園は北関東自動車道の足利インターから近く、宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、下野市、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、藤岡市、安中市、みどり市からのアクセスが非常に良くなっております。
また、埼玉県、東京都、茨城県、神奈川県、千葉県から東北自動車道経由でのアクセスも大変良くなっております。