2017年9月に

地元札幌の人気コーヒーロースター

「MORIHICO.」の

新ブランド「JB ESPRESSO

新道東駅前店限定

黒ソフトクリーム

食べてきました~ソフトクリーム

 

 

 

 

真っ黒は

インパクトありすぎでしたので

ミックスにしてみました黒ハート

 

 

 

 

黒白ソフトクリーム

JB_ESPRESSO_ソフトクリーム

 

 

黒は竹炭の黒ですね炭

味は黒とは裏腹に

チョコレート味

スペイン産のチョコレートと

白は

ジャージー乳の濃厚な味です~牛

 

 

美味しい~ラブラブ!

 

 

 

 

 

やっぱり

夏はソフトクリームよね~晴れ

 

 

 

 

 

ごちそうさまでしたキスマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

余談・・・279

 

お付き合いしている男性に
約束を破られた事のある女性は
たくさんいらっしゃると思います

彼女「先に私と約束していたのに」
彼氏「そんなこと言ったって

仕方がないでしょう」

おそらく人類史上幾度と無く

繰り返されてきたことでしょう。

そして今尚、

答えの出ない人類の命題として

存在しています。

 

「私と仕事とどっちが大事なの?」
「私より男友達の方が大事なの?」

という彼女のセリフに

目を白黒させたことがある男性

は多いではないでしょうか。

「そんなに会えないなら

付き合っている意味がない」

男性からすると

付き合っている意味ってなんだ・・・?

 

男性は

なぜこのように女性に

責められるのでしょうか。

男性はただただ約束を守れない、

仕事や男友達を優先してしまう

生き物なのでしょうか。

 

男女の間ですれ違いが起きるのは、

「優先度の尺度の違い」

によるものです。
男性とて

彼女との約束を

軽視しているわけでは

ありません。

しかし、

男性にとって恋人という存在は

関係が深くなればなるほど

「家族」的な存在になってきます。
そのような意識を持つ中で、

後から入ってきた仕事や

男友達との約束を

優先してしまうことが

男性には少なくありません。

「どうしても重要な仕事が入った。

状況的に自分が対応するのが

最も好ましい」

というときに、
「彼女は理解してくれるだろう、

何故ならば彼女は家族だから」
という心理が働きます。
男性にとってそれは、

恋人に対する信頼の証し

であったりもします。

えっ?

信頼とか言うなら

そもそも約束を守れって?
ごもっともです。
しかしまさにこれこそが

性別の違いによる

優先度の尺度の違いなのです。

「仕事でお世話になった男友達と

会うことになった。

彼女には悪いけど

週末のデートは

違う日にしてもらおう」

これもあるあるですよね。

彼女にしてみれば

「ふざけないで!」って

感じだと思いますが、

男性側にしてみれば

「彼女は

自分にとって

家族みたいなものだし、

家族ほどに思っているからこそ

デートはいつでもできるのであって、

仕事でお世話になった友人との

再会について

理解してくれるに違いない」

となるわけです。

 

いやー、勝手ですね。

実に身勝手です。
しかしちょっと待ってください。
この男性の

「優先度の尺度」は

あなたに

有利に働くこともあります。

男性は約束の優先度を、

順番ではなく、

軽重によって

判断する傾向にあります。
つまり、

先にしていた約束があっても、

それ以上に重要なことがあれば

そちらを優先する傾向があります。
仕事の飲み会があったとしても、

あなたの具合が悪ければ

あなたを優先するでしょうし、

年に1度のあなたとの記念日は

もちろん最優先です。

え?

あなたの彼氏は

それも優先しないって?
それはよくお話し合いをした方が

良いかもしれませんね・・・。

ただ、女性側としては、
そういうのは結婚後で。
結婚前はきちんと恋人として
尊重して欲しい、
という想いもあります

 

どこまで行っても性別が違う以上
平行線な議論になると思いますが
お互いどこまで

相手を思いやれるか

許容できるかが
結婚に至るひとつのヒントに

なりそうですよ!

 

 

 

 

 

 

 

皆さんに会えるのを

楽しみにしていますキスマーク

 

 

 

 

 

 

20180818エリートパーティー

 

 

札幌の出会いパーティーや街コンはプライベートアソシエイツクラブ