こんにちは。



ただいまコロナの後遺症治療のため休業中です。



何も問題が起きないことが一番ラッキーなのでしょうが、私は、自分がコロナの後遺症になることで、そこから回復するために通った道・体験談を皆様に共有できることを喜びとしています。




北里大の花木先生曰く、コロナの後遺症治療には漢方薬が良いとのこと。



最初は、皆様がどのような医療を受けているのか知りたいという意味もあって、人気の後遺症外来も含めて、問い合わせたり、診療を受けてみましたが、


結局のところ、漢方薬に精通する医師で、且つコロナの後遺症に詳しい医師というのは、すごく限られています。



色々問い合わせたり、診療を受けた中で、私のお勧めは、外科の分野がわかり、先生がご自分で煎じ薬等を組み合わせて処方できる、漢方薬の専門医です。



本当に軽い後遺症なら、そう深刻ではないのかもしれませんが



強い倦怠感とか、脳や脊髄の腫れなどの外科的な症状が出たとか、ずっと内科の後遺症外来に通っているのに治らないならば、外科の分野にも詳しい先生をお勧めします。



本当に優秀な漢方薬の先生は、内科も外科も関係なく良くご存知です。



外科の分野の症状が、内科の分野と繋がっていて、表に出ている症状に対してどうすれば治るのか、わかります。




そして、コロナの後遺症治療にも詳しい経験豊かな先生ですと、より安心かと思います。



コロナの後遺症は、まだ治療法が確立されていませんので、医師の腕が試されるということですね。







ちなみに、海外では、西洋のお薬での後遺症治療が確立されてきているそうです。



しかし、症状にもよりますが、重いと、やはりステロイドとか、比較的副作用の可能性の高いお薬の組み合わせになるようです。



「ステロイドでも良い」とお考えであれば、それも良いかもしれません。



私の場合は、副作用の強くない漢方薬で治るなら、漢方薬を希望します。



それから、食餌療法ですね。



今日も、いつもと同じようなメニューです。




コロナの後遺症では、キッチンに長時間立つのが無理な場合がありますが、

このようなメニューであれば多少楽だと思います。


ほうれん草は、冷凍です。


卵焼きを作れないほど、辛いなら、生卵を割ってかけるだけでも、栄養が取れます。