おはようございます、公に義を貫くことを志としています赤磐市議会議員、公義の志 佐々木ゆうじです。朝晩の気温は涼しく、気候はすっかり秋となりました。今朝も赤磐市は雲ひとつない あっ晴れ赤磐晴れ の秋らしい天気となっています。そしてこの後、私たちの町内会では、秋の一斉清掃ということで私も近所周りの街路清掃に参加します。

そんなこともあり、このブログも長く書けないことから詳細に書けず、今日は街頭演説の予定とお話する内容の概要だけ書かせて頂きます。

 

テーマ「リモートの可能性」

<定例街頭演説会の予定>

・16時頃 〜 マックスバリュー桜ヶ丘店前交差点

・16時30分頃 ~ デオデオ山陽下市店前交差点

・17時15分頃 〜 マルナカ山陽店前

 

8月26日から始まった赤磐市議会9月定例議会は過日、9月28日に閉会を迎えました。

この間、ともざね市長から提出を受けた補正予算関係や条例関係の審議を進め、最終日に原案通り可決して参りました。

この議会可決というものは、市長の出す方針に住民の代表が集い承認を与えるもので、この承認が無いと実行できない仕組みになっておりところから、今般の可決を受けて事業や業務が進むことになります。

さてそのようななか、最終日に市長から補正予算の追加提出があり、議会として慎重に審査させて頂きました。

補正予算案の中身はコロナで疲弊した市内経済を救済するための予算が主となっており、多くの事業主からの救済要望もあり、また財源も国からの補助金で市の持ち出しも無かったことから即承認させて頂きました。

またこの補正予算案内には学校教育に関係する予算も入っており、より良い教育環境を整備を目指す私としては、どういう取り組みになるのかその内容について質問させて頂きました。そうすると教育委員会より答弁があった訳ですが、コロナで学校閉鎖・学級閉鎖、又は濃厚接触者に定められ自宅待機となったりし、学校に来れなくなった児童・生徒の学習機会を損ねることがないよう、自宅で学習できるように自宅のインターネット通信設備を整えるための事業であるとのことで、家庭の事情で自宅にインターネット通信環境が整っていない児童・生徒にWifi機器を貸し出す予算だとのことでした。

子どもの学習が家庭環境に左右されてはなりません。市でできることがあるのならば大いに協力するべきだと思いますので、私も賛成させて頂き、早急にお進め頂くよう申し添えもさせて頂いたところです。

一方でこの質疑を通じて分かったことがありました。

それはリモート授業がいよいよ赤磐市でも始まるということです。

全国的に必要性が言われ、先進的な自治体では既に導入されているリモート授業ですが、これはコロナで学校に来ることができなくなった場合だけではなく、いじめに遭い学校に来ることが出来なくなった子、引きこもってしない事業に出れなくなった子にも授業参加させてあげられるもので、とっても将来性ある有効なものです。

職住近接を含め、様々な社会課題がIT/ICTの力で解決へ進んでいます。

これからは私達、個人個人の意識変革も求められてくると思います。

その際に苦手意識を出さず、めんどくさがらずとりあえずやってみることが、大きく道を開くことになると思います。皆さまの背中の後ろ推しをしていきたいと思っています。

今日はそんなお話をしたいと思います。

乞うご期待です!

(課題解決を目指し、ITをどんどん活用して参りましょう!)

 

公義の志 佐々木ゆうじ