昆虫 | 浅尾美和オフィシャルブログ powered by Ameba

昆虫


「おはよう朝日です」でも話題になったのですが、うちの次男は今年の春頃からずっと昆虫に夢中です。

特にカマキリが大好きです。

この前はカマキリを手にのせていたら、思い切り噛まれて…出血してましたが、全然大丈夫ー!!とバシャバシャと傷口を水で洗い、カマキリの歯形を眺めてました。

カマキリは一瞬でバッタなどをバラバラにしてしまうほど顎の力が強いので、きっと痛かったと思います。

カマキリポーズだそうです。

香川照之さんの昆虫すごいぜ!を見ている方は分かると思うのですが、庭で虫取りをする前は「かがわてるゆきの〜こんちゅうスゴイぜー!!」の掛け声と共に出発します。

夏には二匹のカブトムシをおばあちゃんと一緒に育てていましたが、カマキリ先生が育てたカブトムシ「つるぎ」「ほだか」と同じ名前を名付けて可愛がっていました。

今年はカマキリが庭にたくさんやって来ました。
背中に乗せて…

ブローチ感覚です。

庭でカマキリの卵を見つけた時はもう大興奮。
卵の場所が分からなくなるから、なにか目印になるものが欲しい!!と言われ、探した結果。

ロケが終わったら捨てて下さいねー。と言われたけど、勿体無くてずっとカバンに入っていた青い紐が役立ちました。

久しぶりに庭を出て外に虫取りに行った時は…


走りっぱなしで…

汗だくになっておりました。

これはとんぼを追いかけて。

お出かけの時は虫取り網と虫かごは必須です。

この日はお兄ちゃんに虫かごを持ってもらい、次々と昆虫を見つけていました。



ナナフシは頭に乗せて。



いつも昆虫を捕まえると、図鑑でエサを調べて、あげています。

ナナフシは大のお気に入りで、エサの葉っぱを調べて虫かごに色々と入れていたのですが、食べている様子が無く、泣きながら「ありがとうー」と捕まえた場所に逃していました。

昆虫すごいぜ!でカマキリ先生が昆虫の一生はものすごく短い。みんな一生懸命生きている。と教えてくれたので、捕まえても観察したらちゃんと自然にかえす。という事を次男も覚えました。

私は昆虫があまり得意では無かったのですが…

カブトムシが卵を産む瞬間をみんなで見ることができたり、コオロギやスズムシみたいにバッタが鳴くことを知ったり、カマキリがエサを捕まえて食べるまでのスピードに驚いたり、感動する出来事や、新たな発見がありました。

昆虫がだんだん可愛く見えてきました。
そして、次男はテレビで香川照之さんを見るたびに「香川照之さんは虫取りもして、テレビにも出て、虫も育てて、CMにも出て、ものすごく忙しいけど大丈夫かな?」と心配していて、これまたとても可愛いなー❤️と思って聞いています。

昆虫から色々な事をこれからも学んでほしいと思います。