あさの貴博オフィシャルブログ Powered by Ameba

留萌管内の元気が北海道、日本の元気!





39歳の若さと行動力にご期待ください!








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年04月01日(日) 17時44分57秒

厳しい中にも希望を。

テーマ:議員活動

  今日から新年度。

  
 新たに社会人になる人、新しい部署に異動される人、小学校、中学校、高校、または大学へと、新たな学びの場に進む人。職業のキャリアに一区切りをつけ、新たな人生のステージに進む人。
 
 年度が変わることは、何かが新しく変わることとほぼ等しいものです。
 
 若干の不安の中に様々な変化への期待が入り混じる。外を見れば雪も解け、暖かく感じる日も増えてくる。
 
 私は新年度を迎える今時期が一年の中で一番好きです。

 

 しかし、わくわくしてばかりもいられません。

 

 昨日は「道内人口25%減400万人」、今日は「給食費5市値上げ」と、北海道新聞の一面見出しは厳しい内容が続いています。

 

 31日付の一面記事を見ると、14振興局の中ですべての市町村の人口が2045年までに半減以下になるとみられているところは、なんと留萌管内のみであることに気づき、愕然とします。しかも留萌市は、人口の半数以上が65歳以上となる「限界集落」になるとのこと。

 

 残念ながら、この傾向を劇的に変えることは難しいと思われます。

 

 減少の傾向を緩やかにすること、そして65歳以上の方々が健康で社会的活動に積極的に関わってもらえる環境をつくること。

 

 市町村、道は、この二つを軸に、様々な施策を展開していかねばなりません。

 

 我々議会も、道に対して「何をする?」「どうする?」と問いかけるだけでなく、具体的な政策を提言することが求められます。

 

 私は、大まかな政策の方向性として、幅広い意味で子どもへの投資が最も重要になると考えています。

 

 

 新年度初日の今日は各種行事のご案内を頂き、管内を回らせて頂きました。

 

 9時から第12回留萌龍華杯争奪歌留多大会開会式に出席。

 

 その後は第3回雪育(ゆきいく)デイキャンプ開会式へ。

 

  


 

  雪の多いまち留萌ですが、残念ながら常設のスキー場がなく、子どもたちがウインタースポーツにチャレンジできる環境は万全とは言えません。

 
 しかし、スキーを愛する有志の方々がこのような機会をつくり、子どもたちの体験の場を広げて下さっています。
 
 この中から未来のオリンピアンはじめ世界に羽ばたく選手が排出されることを願っています。
 
 その後は羽幌へ。いつもお世話になっている寿町老人会の皆様の定例会に久しぶりにお邪魔させて頂きました。
 
 

 


 

 道立羽幌病院のあり方はじめ、地域医療に対するご要望を皆様から頂きました。しっかりと対応して参ります。

 
 その後はサンセットで行われていたはぼろマルシェ会場へ。

 






 いつもご指導を頂いている小平町議会議員の村井フミ子さんも来られ、自作の陶器を販売されていました。

 
 会場は熱気にあふれ、とても華やかな雰囲気に包まれていました。
 
 人口減少など厳しい見通しがありますが、地元の未来を信じて、少しでも前向きに歩んでいきたいものです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース