ロータリー地区協議会に出席して | 名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の
6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。


テーマ:
ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます



2011年4月16日 国際ロータリー第2760地区(日本国愛知県)の地区協議会に出席しました。2011年7月1日から2012年6月30日までの年度(2011-2012年度)の名古屋栄ロータリークラブ(会員数82名)の会員増強委員長で出席義務者の1人であるためです。

10:30~12:00 本会議

12:50~14:30 第1分科会

テーマ 会員増強(ロータリーの組織強化)

15:00~16:30 会員増強セミナー

(会場 ウエスティンナゴヤキャッスル)

 

 一日、大変実りのある会議でメモを取り、心を新たに致しました。

 

ガバナー(「組織などの長」の意)の田嶋好博氏(愛知県弁護士会所属弁護士)の挨拶の要点は、私にとっては次のようでありました。

女性、若い人をロータリーの会員に。

クラブの職業分離で充てんされていない職業の人の入会を努力する。

自分の職業を通じて社会に奉仕する。

公私のけじめをつけ、質素・堅実なクラブ運営、ロータリー活動を旨とする。

時代に合ったロータリークラブに変えていく。

 

私は、ロータリークラブ活動において、古い体質からの脱却を図る田嶋好博氏には、大変共感するものであります。そして、その優れた識見と人格に少しでも学びたいと思っております。

 

また、2011-2012年度の国際ロータリー会長カルヤン・バネルジー氏の国際ロータリーのテーマとそのテーマを説明している挨拶も、優れた指標です。

同氏は、「まず自分自身を見つめ直すこと」「全世界で平和について語る前に、まずは自分から始め、その後で外に目を向ける必要があります。」「全世界で平和を築こうとする前に、まず自分の家庭で平和を築き」、「全世界で友情と寛容の心を育もうとする前に、まず、自分の周りの人々に対してそれを実践しなければなりません。」と、まず自分自身を見つめ直して、自分自身と自分のもっとも近い周囲から実践することを最重点としています。

 

私は、この1年、まず自分自身を見つめ直して、家族とは良き家族になり、事務所所員と意識の疎通をはかり、少数精鋭のしっかりとした事務所を築いて、依頼者には、謙虚な気持ちで向き合い、真面目に一生懸命真剣勝負で弁護士業務に取り組みます。職業を全うすることによって社会貢献できると確信しております。

 

ロータリー活動を知って頂くため、お時間のあるとき下記をお読みいただければ幸いです。こちらにPDFがあります。

 

ロータリーの綱領

四つのテスト

2011-2012年度国際ロータリーのテーマ

国際協議会での国際ロータリー会長の挨拶

 





ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます

名古屋・愛知のシニア相続弁護士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります