気軽に来れる楽しい法律事務所とは? | 名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の
6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。


テーマ:
ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます



 

先日、中部経済同友会5月度産業懇談会水曜第2グループに出席しました。

 

5月度産業懇談会 水曜第2グループ

日時:59()12:00~14:00

スピーカー:三井不動産㈱ 中部支店長 田邉 義幸 氏

テーマ

『不動産業ここ10年間のトレンドについて~アウトレット、Jリート、スマートシティなど~』

 

レジュメより

「不動産ビジネスの動き」

◆三井不動産の沿革

◆事業環境認識

 国内市場の成熟化

・少子化・高齢化

・健康、環境共生・エネルギー、文化・歴史、安全・安心、コミュニティ形成などへの関心の高まり

・都市部への人口集中

・良質な資産(ストック)の増加

  市場のグローバル化

・すべての財・サービスの市場が需要側・供給側双方でグローバル化

・グローバルレベルでの競争と協調の時代へ

・各国の好不調がグローバルに波及しやすい構造に

・アジア各国での都市化の進展

⇒成熟化・グローバル化の加速、都市化の進展

◆中期経営計画イノベーション2017の基本ストラテジー(H24/4発表)

3つのストラテジー

・ビジネスモデルの革新 ・顧客志向の経営 ・グループ経営の進化

 

Jリート(REIT/不動産投資信託)について

◆不動産共同投資の仕組み(スキーム)

◆アウトレットモールについて

◆スマートシティ(柏の葉キャンパスシティ)

 

講演の中で、私がとても参考になったのが、「時間消費型施設」という概念でした。

「東京ディズニーランド」から起点しているのかと思いましたが、「ららぽーと」「アウトレット」「リゾート」の事業の核心なのです。

『気軽に楽しめること』

『エンターテイメント性のあること』

『非日常空間・開放的な空間で楽しめること』

 

同じように、集客、雇用創出、消費の掘り起こしという地域への貢献の観点からも、法律事務所へお客様が「安全・安心」を感じて来ることができるだけでなく、法律事務所の相談ルームに滞在して「楽しまれる」ことです。

法律事務所に楽しんで来られる、相談しに、打ち合わせに、また行きたいなと楽しまれるような場でありたいと思ったのです。

法律事務所を「時間的消費型施設」としてとらえ運営していくことは大切なことだと思いました。

 

ちょうど当事務所のドラッカーの著書「マネジメント」の読書会で、完全個室が5室あります3階相談ルーム受付担当スタッフの次の読書感想が参考になりました。
 

 

『私が依頼者の方に1番に接する場面は、受付です。新規でご来所、打ち合わせ、依頼者の方のその時の立場によって、接し方は変わってきますし、どのようなお気持ちでご来所されるか様々だと思い、意外に難しいなと感じています。ただ、依頼者の方には気持ちをリラックスしていただき、話しやすい状況を作っていくのが1番であると思っています。』


 

3階相談ルームでは、受付、コーヒーなど8種類の飲み物サービス、相談者の資料のコピー、委任契約書、委任状の作成など多種の対応をしております。

相談室には、絵を掲げていますが、USチャンネルが見られる壁掛けテレビを検討しています。

その中でも1番重要なのが、接遇する担当者と、応対する弁護士の品格と質であります。

 

私は、この講演を聞くまでは、三井不動産株式会社など不動産業は、オフィスビルなどの賃貸業というイメージしか持っていませんでした。講師の田邉義幸氏には、不動産業の新しいトレンドを教えていただき、とても参考になりました。

 

ありがとうございます。
三井不動産株式会社 中部支店長の田邉義幸氏です。
P5090668


ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます。 

名古屋・愛知のシニア相続弁護士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります