新第62期司法修習生合同歓迎会に出席して | 名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の
6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。


テーマ:
ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます



 平成20年11月27日 裁判所、検察庁、弁護士会による新第62期司法修習生合同歓迎会に弁護実務指導担当弁護士として出席しました。
 名古屋(愛知県)に配属されました新第62期司法修習生は100名です(全国では約2000名です)。司法修習生100名の合同歓迎会は圧巻でした。若さというエネルギーが満ち溢れていました。裁判所、検察庁、弁護士会から歓迎の挨拶がされましたが、裁判所から挨拶された裁判官が「若者、よそ者、ばか者が司法そして社会を変える。将来の司法と社会を担う。」旨の話をされました。
 司法修習生は若者である。そして、新しく法曹界に入る者である意味では、よそ者である。そして、若者でありかつよそ者である司法修習生が、知識や経験が、なくても不足していても、素直に物事をとらえ、本質を見極め、馬鹿になって真剣に打ち込んでいく人になってほしいという願いでありました。
 私は、司法修習生の皆様には素直で謙虚さを持って、いつまでも学ぶ姿勢を持ち続けて欲しいと思っています。私も、この機会に、基本に返り、司法修習生が配属されます2ヶ月間、一緒になって民事弁護及び刑事弁護の基礎と、社会人としてのマナー及びビジネスマナーをじっくり学ぶつもりでおります。司法修習生には、私のこの課題による適切な弁護実務プログラムを提供し、また社会人としてのマナーに関する本の読書会をするものであります。



ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます

名古屋・愛知のシニア相続弁護士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります