毎年着実に子や孫に暦年課税による贈与を行う | 名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の相続・シニア問題に強い弁護士のブログ|愛知県

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産法務・中小企業法務 (使用者側の労働事件) の
6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。


テーマ:
ランキングに参加しています。クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます



毎年着実に子や孫に暦年課税による贈与を行う。

特に、暦年課税による祖父から孫への贈与は、『2割加算』を排除できるうえ、相続を一世代飛ばす効果もあります。 

 

中央総研セミナーで税理士法人中央総研の代表社員副理事長の税理士の小島淳次先生のお話は、簡潔・明確で大変良かったです。
P4190420
 

 

そして、私も相続税対策として、まず第1に「毎年着実に子や孫に暦年課税による贈与を行う。」ことに、大いに同感しました。

例えば、孫に毎年110万1000円贈与して、確定日付のある贈与証書を作成して、贈与税申告をして、100円の贈与税を納付する、などです。

 

ただし、連年贈与をすると、1つは「税務署から一つの贈与契約」と誤解されないよう注意してください。

 ①毎年、贈与する金額を変える。

 ②毎年、贈与する日を変える。

  記念日にしましょう。誕生日(孫、自分)、学校の入学や試験合格のお祝いなど。

 ③毎年、贈与をするごとに、贈与契約書を作成する。

 ④贈与を受けました、という証拠を作る。例えば、銀行振り込みや、基礎控除額(110万円)を上 回る贈与をして、贈与税申告書を作成・保存し、納税する。

 

小島淳次先生は、2015年1月1日以後適用予定の『相続税』改正(案)について、

わかりやすく説明されました。

 

 (1)基礎控除の引き下げ(案)
現行 : 5000万円+1000万円×法定相続人の数

      ↓

改正案: 3000万円+600万円×法定相続人の数

 

(2)死亡保険金に係る非課税限度額の引き下げ(案)

現行 : 500万円×法定相続人の数

      ↓

改正案 : 500万円×次のいずれかに該当する法定相続人の数

              ①未成年者

              ②障害者

              ③相続税開始直前に被相続人と生計を一にしていた者

 

(3)未成年者控除・障害者控除の引き上げ(案)

  ○未成年者控除額

現行  6万円×20歳に達するまでの年数

     ↓

改正案 10万円×20歳に達するまでの年数

 

  ○障害者控除額

現行 6万円(特別障害者:12万円)×85歳に達するまでの年数

     ↓

改正案 10万円(特別障害者:20万円)×85歳に達するまでの年数

 

(4)相続税の税率構造の見直し(案)

現行税率(6段階)から改正案税率(8段階)にして、最高税率を50%から55%に引き上げ。

 

 影響⇒1次相続・2次相続ともに増税!特に2次相続において、大幅な増税となる

 対策①⇒2次相続も意識した相続税対策(贈与、資産の組み替え、養子など)を行う

 対策②⇒所得税・相続税の最高税率適用者は、100万円の経費で111万円の節税可

 

(5)相続時精算課税制度の見直し(案)

  相続時精算課税

  ①贈与者

現行 : 65歳以上の者(父母)

改正案 :60歳以上の者(父母・祖父母

 

  ②受贈者

現行 : 20歳以上の推定相続人(子)

改正案 :20歳以上の推定相続人(子)、20歳以上である孫

  注意①⇒相続時精算課税を選択して孫に贈与しても、孫の相続税は『2割加算』の適用がある為、相続発生時の税金まで見据えて贈与する必要がある。

  注意②⇒相続精算課税により相続時まで課税を先送りすることは、将来の相続税法改正のリスクを負うことになる。

  対策⇒毎年着実に暦年課税による贈与を行う。特に、暦年課税による祖父から孫への贈与は、『2 割加算』を排除できるうえ、相続を一世代飛ばす効果もある。

 

(6)贈与税(暦年課税)の税率構造の見直し(案)

  改正案 直系尊属から20歳以上の者への贈与の税率軽減

 

影響⇒直系尊属からの贈与について、贈与財産の価値410万円超から減 税となる

対策⇒相続対策は、贈与による相続税減少額を把握したうえで、毎年着実に暦年贈与を行う

 

(7)住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置の拡充・延長

 対策⇒子や孫への住宅の新築・取得・増改築のための贈与は、早めに検討する

大変わかりやすく、参考になるお話をありがとうございました。
P4190425

ランキングに参加しています。1日1回クリックして頂けると、うれしいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございます。 

名古屋・愛知のシニア相続弁護士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります