文学座VS俳優座!女の闘い!!

テーマ:
高崎電気館名画鑑賞会 」へ行って来ました。
アサミ中の人2号です。


確か昨年もこの時期に行われていたような…
500円で名画が見られるのですから、素晴らしいですね。
しかもフィルム上映。
私はフィルム上映が好き。
上映開始時などに「じじじじ…」とちょっと雑音が入ったりすると、ぐっと来ます。
フィルムに筋が入っていたりするのもなんだか良い感じ。
…たぶん物凄く少数派だとは思いますが。

私が見たのは中村錦之助主演「反逆児」。
徳川家康の長男・徳川信康が主人公で、話の大筋はわかっていたのですが
余りの悲しい展開になんともやるせな~い気持ちになりました。
若い萬屋錦之助が溌剌として、とても素敵なだけに尚更です。
そして信康の母・築山殿と、妻であり織田信長の娘である徳姫の闘いが…凄まじい。
築山殿を、文学座の杉村春子が
徳姫を、俳優座の岩崎加根子が演じています。
その映画の役柄をも超えたような演技バトル。
文学座と俳優座の一騎打ち!と、思わず熱くなってしまいました。
ここはやっぱり…杉村春子の勝ちでしょうか。
でも岩崎加根子もとても良いので、是非この演技合戦を多くの方に見て頂きたいです。
高崎電気館での上映は明日まで!
明日の二時半からですよ。