今日(R1.9.15)行われた阪神競馬場の11RローズSでスイープセレリタスは6着だった。

やっぱり春の実績馬が強かった。

スイープセレリタスは我慢できずに早々と先頭に立ってしまった。
先頭のまま直線に入って春の実績馬達に次々と交わされ6着まで後退してゴール。

我慢できずに先頭に立った事、道中逃げながら脚を貯めることができなかった事。
ルメール騎手でもコントロールできなかったとなると、馬がまだまだ気性面で幼いのだと思う。

それでも実績馬相手に直線半ばぐらいまで粘っていたのだからポテンシャルはあると思う。

6着に負けたことで、自己条件でじっくり成長を待つことができる。
来年の飛躍を信じて見守っていきたい。