築年数の古い木造家屋の漏水調査と緊急対応 | アサクラハウスのブログ

アサクラハウスのブログ

奥沢の地に創業40年を超える、3代目社長の食道楽と飲ん兵衛の建築屋ブログ


テーマ:

 

 

 

 

当社と長いお付き合いをいただいているお客様から
水道局の検針員から水道料金の急激に増えているとのご指摘がありました
漏水の可能性を知り 当社に漏水の調査と漏水対策を対応することになりました

水道管の確認できる部分で聴音による漏水の可能性を調べました



建物に水道管が導入している部分を掘削して調べましたが 湿り気がありません

 

 

 


建物内部の可能性が高くなりました

 

 

 

 

 

 

 

建物内部を確認できる部分を開いて点検をしました
漏水が見つけられません
建物の更に奥の部分を調べることにしました

洗面化粧台の床に点検口がありました

 

僅かな湿湿り気がありますが 水道メーターを常に動かす漏水部分はありません

 

僅かな漏水は外国製の水道器具の配管接合部からありました
これはパッキンを取り替えて補修しました

 

キッチンの床下収納庫から床下に潜って配管の点検をしました

 

かつて流し台があった部分にわずかな湿り気がありました
これは以前の流し台用の給湯配管を切断した端部の止水栓から経年劣化で少し漏水がありました
止水栓を取り替えて補修しましたが これも水道のメーターを常に動かすほどの漏水ではありません
更に調査を進めました

 

外国製の便器
フロート式のバルブの止水が完全に止まっていないことが分かりました
水圧がかかっているので常に水が流れ続けていました
このバルブを締めると水道メーターが動かなくなりました
漏水の大きな原因は ロータンク内のフロートスイッチ関係でした

 

ここで問題なのは外国製の便器なので正式の対応はこのメーカーのサービスが必要です
とりあえず国産のパーツで緊急対応をしたところ ロータンクの機能が正常になりました
これでしばらく様子を見てもらい再度問題が発生したら このメーカーに問い合わせをするか 便器の取替えを提案をしました
漏水の問題はとりあえずこれで一件落着です


 

アサクラハウス株式会社
東京都世田谷区奥沢1-58-8
TEL 03-3727-0611

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサクラハウスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス