学習塾のトイレのドアを生徒さんに壊されました 似たような木目の化粧シート下地は前より頑丈な合板  | アサクラハウスのブログ

アサクラハウスのブログ

奥沢の地に創業40年を超える、3代目社長の食道楽と飲ん兵衛の建築屋ブログ


テーマ:

 

 

 

 

 

 

学習塾に呼ばれて行って来ました
トイレの木製ドアが壊れています
小学生の生徒さん 元気良すぎて
ドアが貫通するほど凄いパンチ??の痕ですかね
  

いろいろ考えましたが ドアの補修で直すことにしました

Before
 
トイレの木製ドア
一撃で壊されたのか??
貫通する勢いでドアが破られています


 壊れた破片のサンプルを持ち帰り 住友3Mのダイノックフィルムから類似の柄を探しました

夏休みが終わるまで待ってもらいました
昼間の作業の方がいいですね

 
壊れた部分を補修するために四角い開口をします

 
裏板は12mmのべニア 
これでビスが効きます
今度は頑丈なので同じことをしたら危ないです

 
本体はパーチクルボードで出来ています
でも 同じ厚さのラワン合板で表面の下地を作りました

 
これはかなり頑丈になりました
決して ドアを突き破るのはしないでくださいね
危険です

 
パテ処理は何回も行って表面を平らにしました

 
ダイノックフィルム貼りは教室内をお借りしました
ホコリとかチリがあるといい仕事ができません

After

 
これで完成です
作業は一日かかりました




アサクラハウス株式会社
東京都世田谷区奥沢1-58-8
Tel 03-3727-0611

 

 

 

 

アサクラハウスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス