旧耐震設計のマンション 地震でひび割れが生じた鉄筋コンクリート造を復旧する | アサクラハウスのブログ

アサクラハウスのブログ

奥沢の地に創業40年を超える、3代目社長の食道楽と飲ん兵衛の建築屋ブログ


テーマ:

 

 

 

 

 

新耐震設計以前のマンション
3.11の地震で鉄筋コンクリート造の建物に壁を貫通するひび割れが生じました
本来なら耐震の診断を受けて補強するのが建物の正しい維持管理となりますがマンション等はなかなかできないのが現状です
ひび割れは前回の地震で建物がダメージを受けた現象です
これは復旧しないとその分建物が弱くなっています
次に同じ規模の地震がきたら更に建物の崩壊が起こります
せめて地震前の状態に戻すことが大事です

 
これは鉄筋コンクリート造のマンションの内側の壁です
クラックが入っていました

 
ひび割れの表面をケレンするともろい部分が更に剥がれました

 
 
低圧の注入方式でエポキシ樹脂をコンクリートの割れ目に充てんします
これは高速道路等にも採用されている工法です

 

 時間をかけて注入しました

 
 
建物の外側です
内側から注入したエポキシ樹脂があふれ出てきました

これで震災前のひび割れが起こる前のコンクリート壁の復旧ができました
 

壁の強度は元の状態に近づけたことになります
旧耐震の設計強度ですが
少しでも安心できると思います

※ コンクリートの劣化等による強度低下は防ぐことはできません
 
 

 
アサクラハウス株式会社
東京都世田谷区奥沢1-58-8
Tel 03-3727-0611

  
 
 

 

 

 

アサクラハウスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス