『お灸女子1年生』
『美容お灸』

お灸の本をいくつかぱらぱらしています*

いまは最低限のツボにしか据えていませんが、知らないことを学ぶのは楽しいなぁと思いながら読んでいます。



この本も読みやすくて面白かったです٩(ˊᗜˋ*)و 











『真夏の焼きそば』
『あの日の親子丼』

だいすきな
「食堂のおばちゃん」シリーズ♡

もちろん どの巻数も好きですが、
5巻目にあたる『真夏の焼きそば』がわたしの中で大ヒットです*.(๓´͈ ˘ `͈๓).* 

2巻目の『恋するハンバーグ』がいちばん好きなのですが、それに次いで好きな巻数になりましたラブラブ

6巻目の『あの日の親子丼』は
旅行のお供に連れて行きました*

このシリーズに一貫している明るい文体は、さくさく読みやすくて旅にもぴったりです♡











まなの本棚まなの本棚
1,512円
Amazon

『まなの本棚』

芦田愛菜ちゃんの読書レビューの本です*

読書家の愛菜ちゃんは、小さい頃からどんな本を読んできたのか、興味があって購入しました。


読んでる本が、幅広いー!
中学生で、村上春樹さんの世界が理解できるなんて凄すぎる。
(わたしは未だに…読んでも頭の中をすーっと素通りしていきます(笑)文体との相性の問題もあるかもしれませんが。)

途中、山中伸弥さんや辻村深月さんとの対談もあり、愛菜ちゃんのインタビュアーとしての聡明さにひたすら関心しながらページをめくりました。


この中で紹介されていた本で気になったものをいくつか読みました(*´﹀`*)








『平安女子の楽しい!生活』

読みやすい〜(*´꒳`*)

12〜14歳の女の子向けの本みたいです*

和歌をメールにたとえて説明したり、当時のファッションにスポットライトを当てていたり、平安時代を生きたひとも現代のひとと何ら変わらなかったのよ〜という説明がすんなり入ってきます*






ティーンに向けた言葉なのでしょうが、
大人も見習うべきことが書いてあります…。笑









『本を読む女』

どんな時も、側に本があった女性。
作者の血縁者をモデルに書かれているそうです。

昭和初期の頃を舞台にした話を読むと、

女性の人生って つい最近まで
こんなに制限されていたのだなぁ…

と実感します。










『あしながおじさん』

〝学費を支援してくれる優しい初老男性と
おしゃべり上手な女の子の
温かなお手紙のやりとりをまとめた話

という認識でしたが、
全然違いました (´・_・`)笑

名作って
名作なのに

知っているつもりで
全然知らないんですね (´・_・`)笑笑


あしながおじさん(スミスさん)
ちょっと独占欲が強くて
かわいいです(*´ω`*)♡












ピンク薔薇アロマテラピーブログはこちらピンク薔薇

リボンazumiリボン