★朗読劇『草枕 ー漱石とグールドー』★ | 浅倉杏美オフィシャルブログ「Smiley*Happily」Powered by Ameba
2019年02月11日(月)

★朗読劇『草枕 ー漱石とグールドー』★

テーマ:*おしごと*


2/9日(土)13時公演
『草枕 ー漱石とグールドー』

無事に終演しました♡
(劇場公演自体は本日まで!!)



アフタートークでもお話させて頂きましたが
草枕は、難しいイメージが強いですよね。
苦手意識を持たれている方も
多くいらっしゃるんじゃないかな…と。


わたしもその1人で、
初めて読んだ学生時代、
お恥ずかしながら
面白さが全く理解できませんでした。笑


そして
稽古前に再読した時も
やはり面白さが理解できませんでした。笑



わたしは
本を読むときもゲームをするときも
登場人物の誰かになりきって
進めていくのですが

草枕に関しては、
感情移入できる人物に出会えなくて…


特に、演じさせて頂いた
おなみさん。



なみさんを形容した「私」の台詞で

〝人を馬鹿にした薄笑い〟
〝男に勝とうと焦る、眉間に寄せた8の字〟

というものがありますが、


読み終えたわたしの感想としては、

頭もいいし、気概もある、
でも結局女を武器に生きている

なみさんはそんな、
凛々しくない印象があったんですよね。




文字だけで見てわたしが感じたこと

それが全て間違っていたとは思いませんが
(公演終えた後も、やはりなみさんの行動が不可解だなと思うところはあるので…)


実際に朗読として
声に出してみてわかったことは、


なみさんは、素直じゃないなぁって。

もちろん、
素直でいられない
時代のせいもあったのでしょうが


行かないで
生きて帰って

それが言えない(言わない)


女女した人なのに
本当の心を表現できない(しない)


それが
もどかしく、愛おしかったです。



派手なストーリーじゃなくて
大きな事件が起こるわけでもなくて

でも
心にぽっと何かが灯る


面白いお話だったんだなぁ
なんて
初めて読んだ日から
たぶん15年くらいかかって(笑)、
少し理解できたような気がします




ご一緒させて頂いた、
赤羽根さん
神尾さん
酒井さん
素敵な時間をありがとうございましたハート



観に来て下さった皆様、
時間を下さりありがとうございましたハート










お花やお手紙やプレゼント
嬉しく受け取りました♡
大切に致します!ハート







ピンク薔薇アロマテラピーブログはこちらピンク薔薇

リボンazumiリボン












浅倉杏美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース