こんにちは

山口麻子です。

 

 

2019年1月のお正月休みに

名古屋で初めて「ぐちゃぐちゃ遊び」の教室を開催しました!

 

 

4日は私にとっても初めて開催する教室になります。

 

 

1月4日・5日とお正月休みの方も多かったと思うのですが、たくさんの方が参加してく

ださりました。本当にありがとうございました!!

 

 

 

今回は絵の具あそびを行いました。

 

おうちではなかなかできない遊びということで、初めて絵の具で遊ぶお子さんもいましたよ。

 

 

 

4日は4組(大人5人・子ども8人)の参加者で活動を行いました!

 

 

 

 

テーマは「書き初め」です。

 

黒い絵の具をたくさん出して、いろんな線を描きました。

 

 

 

小さな子には赤色のフィンガーペイント用の絵の具も用意しました。

 

 

 

筆でてんてんと描いたり

 

 

 

ローラーで紙が真っ黒になるまで塗っています。

 

 

 

今回はフェイスブラシも筆として用意したのですが

 

 

絵の具を手に塗ったり

 

 

 

足に塗ったりと

ふわふわの感触が気持ちよかったようです。

 

 

 

 

 

壁にもどんどん描いていきます。

 

 

 

 

大人の方には半紙を用意して「書き初め」もしました。

 

 

 

 

ローラーをぎゅーっと絞ってみたよ!

 

 

 

 

紙も真っ黒

 

 

お顔も

 

 

手足も洋服も真っ黒になりました。

 

 

 

 

最後にお正月の絵本を読みました。

 

 

4日は三重県や一宮市から参加してくださった方もいらっしゃいました!

 

名古屋で開催されることをずっと待っていました!と言ってくださる方も。

 

 

 

今日はこんなご感想をいただきました!

 

 

今日はありがとうございました!

 

いい時間が過ごせ、自分なりの気付きが大きく、行ってよかったです!

 

もっと動き回るであろうと想像していた次女がじっと座り、絵の具をズボンに塗り塗り…!時々、私と目が合うとニヤっと笑い、きっと面白いのだろうなーと感じました。

もっと回を重ねたらもっといろんな発見があるだろうなと感じました!

 

長女は初めての環境や物事に慎重になるところがあり、まず見ることから始め、彼女なりに理解するとやり出すため、きっと今日も見ることから始めるのだろうなと想像していましたが、抵抗なく遊び始めたことが意外でした。

 

きっと、麻子さんの穏やかであたたかな雰囲気や、大袈裟に盛り上げようとしない雰囲気が我が子たちにとって、居心地がよかったのだと思います。

 

(中略)

 

また、教室では、保護者の約束ごとはあっても、子どもへの約束ごとや決まり、遊びの説明や指導はなく、子どもがしたいように、保護者が楽しみたいようにできるところが、今まであった教室とは違うと感じました。

 

してほしくないことには、してもいいような対策がされていて、危険なこと以外、一切禁止されたり、止められることがなく、子どもの思いが実現できる場なんだと感じました。

 

もっともっと子どもを信じて、子どもを尊重していきたいと感じた1日でした!

 

昼寝から起きた子どもたちと3人で絵の具の付いた足を「面白かったねー」と洗いました。それも楽しさの一つでした!

 

今日は本当にありがとうございました!

 

また次回も楽しみにしています!

 

 

 

黒だけでこんなにも楽しめるんだと思いました。

 

自分の周りを真っ黒にしていく息子、筆やローラーの運びや、塗りつぶされていく達成感を感じていたように思いました。

何か意味のあるものを描かなくてもいいんですね。

 

最近、重ねるのが好きな息子は、どんどん真っ黒になっていくところに、さらに塗り塗りしていて、紙が破れるくらいでした。

 

「破れちゃうよ〜」と思って、つい止めたくなったとき、麻子先生の「お子さんの好きなようにさせてあげて下さい」という言葉を思い出しました。

満足いくまで塗らせてあげられてよかったです。

 

ちびっこ用に用意していただいてた朱も、書き初めのテーマにぴったりの色で好きでした。

 

次回の開催の案内、楽しみにしています!

 

ありがとうございます!!

 

 

次回は3月下旬にイベントを行う予定です。

 

その後は月1回の週末に定期的に行えるよう準備をしています。

 

 

また次回もお待ちしています!