タックルを変えてみたら 〜朝霞ガーデン vol.95〜 | YANAGⅡ ☆ますLOG☆

YANAGⅡ ☆ますLOG☆

トラウトとの格闘、対話の日々。
まだまだ勉強中なのですが、釣り方の研究結果をレポートします!


テーマ:
前回の疑問を解決するため、今回はいつもの2つに加え、別のタックルを2つ持って遊びに行ってきました🐟

いつものタックルは
①スプーン用
サイタッグAGS
12イグジスト2004
ドライブ エアステア38mm
エステル0.3号+フロロリーダー

②クランク用
レッドタキオンAGS
12ルビアス2004
ドライブ エアステア38mm
フロロ2lb


新たに持っていった2つは

③スプーン用
ホワイトバード602
12ルビアス2004
エステル0.4lb+フロロリーダー

④スプーン、クランク用
シュアースーパーライト
17プレッソLTD2025C
フロロ1.5lb


シュアースーパーライトは出かける前にたまたま目に入って、久しぶりに使いたくなったので、その場にあったリールと適当に組み合わせただけですデレデレ



1号池は苦手な蝉が…チーン
でも、これで避けてしまうのはもったいないので、蝉の大合唱をしっかり背に受けながら1号池です滝汗

もちろん、右側頭部に蝉タックルを受けました。

キャーーーーじゃなくて

ヴギャーーーー‼️

という叫び声に自分もビビる💦

近くにいた方々、驚かせてすみませんショボーン



さて、釣りの方は

前回のフッキングしない事件を解決したかったので、まずは①のいつものタックルでスタート。

ありがたいことに、やはりバイトを弾く感じがして、フッキングしないので、タックルを③のホワイトバードに変えてみました。

すると

ポワロ0.6


こちらの方が合っているみたいですウインク
前々回のブログで書いた、ワンテンポ遅らせてあわせるのをオートマチックにやっている感じ。


試しに、シュアースーパーライトに変えてみると

勢いのある下からのバイトもしっかりと受けてくれました。

シュアースーパーライトは5フィートという短さと、しなやかさがあるので、取り込みやすいし、飛距離もなかなかです。

今回はフロロにしていますが、エステルにしても面白そうですニコニコ


トレモF

魚の活性はまずまずですが、やはり気温が高いのでレンジは少し下。トレモはFがちょうどいいです。


これはサイタッグAGSです。
放流魚などの速い魚はホワイトバードよりもこちらが断然使いやすかったですニコニコ






アンチェーンD0.8


始めの5時間はほぼスプーンだったので、ラスト1時間はクランク


トレモスマッシュF

魚がスローになってきてたので、暗めなカワニナから投げてみましたが、あんまり反応が良くなくて

オレンジやピンクなど派手なカラーにするとしばらく釣れ続きましたお願い


クランクの場合は始めは②のレッドタキオンAGSを使いました。だんだんと弾く感じがしてきたら④のシュアースーパーライトに変えるといい感じでしたウインク


いつもと違うタックルを使ってみると
魚がルアーをくわえている時間が違うことがわかったり
自分にはできないことをロッドがしてくれたりといろんな発見がありましたウインク

また別のセッティングもしてみる予定なので、レポートしますグラサン









あいさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス